728751_19556269.jpg

●永遠のβ版

 「GAME2.0」におけるゲームは、今までのゲームのリリースパターンを

どう変えていくか?


 現在、パッケージとして販売されるスタンドアロンのゲームは、

ゲームの必要要素がほぼ詰め込まれたα版、ゲームのバランスが取られ

あとは最終デバッグが残されたβ版と、そして完成して市場に出せる形に

なったマスター版と、リリースの区切りがあります。

(クライアント(依頼人)へのリリースという形になります)

 しかし、GAME2.0の世界に入ると、ゲームは単体では完結しない形に

なり、「永遠のβ版」の状態を続けることになります。

 ユーザーがゲームを永遠と更新し続けていくので、

ゲームの完成形はないわけです。


 今のネットゲームは、小さいながらも、すでにこの要素を持っています。

 開発側で用意した、プレイヤー参加型イベントが定期的に行なわれたり、

「アドオン」と呼ばれる、追加シナリオや追加マップ、追加ルールが

あとから更新される要素があったりします。


 ただ、現在のネットゲームは、まだまだこの更新頻度が低いと

言わざるを得ません。

 ゲームシステム的にも、まだまだGAME2.0的とは言えません。


 GAME2.0でいう「永遠のベータ版」は、常に、リアルタイムで

ゲームが更新され続けていく、という状態を持ちます。


 ゲームにもよるのですが、プレイヤー自身がシナリオを追加し、

それを他のユーザーが遊べたり、プレイヤーが新たなルールを作り出し、

それがゲームフィールドに適用される、プレイヤーが新しいアイテムを

開発し、それがゲーム内世界に流通する、そういった、


「リアルタイム性のある世界更新」


を持つゲームになります。


●ハッキング、リミックス行為の取り込み


 もちろん、どこかで制限をシステム側で作らなければゲーム内世界が

破綻してしまうので、システム更新権限のバランスは必要です。


 WEB2.0でいうなら、画像共有サイトの「Flickr」や動画共有サイトの

「YouTube」が、アップできる素材に制限を設けているようなものです。


(卑猥だったり、暴力的なものは素材としてアップされるとすぐに

削除され、そういう行為を行なったユーザーは退会処分にされます)


 また、ネットゲームで問題になりがちなものに、

チート(Cheat:ゲームデータに改造を施すこと)や

MOD(MODify:ゲームデータを修正すること)、

PK(Player Killer:他のプレイヤーを殺す行為)、

RMT(Real Money Trade:ゲーム内世界のアイテムやアカウントを他の人に
現実のお金で譲り渡す行為)


がありますが、GAME2.0では、このハッキング、リミックス行為を

なるべく許容し、利用・吸収する方向性で、ゲームデザインが施されます。

(はじめから想定し、システム的に用意してしまう)


 その行為をしたとしても、むしろ他のゲームプレイヤーにも利益が

あるゲームデザインと言えばいいでしょうか。


 利己的な行動が全体益につながるしくみを実装するわけです。

(ただ、もちろん根本的なシステムハッキングや悪用行為はシステム側で
潰していかなければなりません)


●無限のゲームデータ


 ゲームプレイヤーが、ゲーム内世界を物理的、経済的、宗教的、政治的に

変質させることが可能なシステムを持っているのが、GAME2.0的ゲームと

言えます。


 例えば、プレイヤーの集合的行為が、ゲームフィールドを2分して

しまったりとか、ゲームフィールドの地下に広大な地下都市を構築したりとか、

プレイヤーの集団行動で非常に高い山を作り出したり、新しい開拓地を

作り出したり、そういったゲーム内世界を大きく変えてしまうようなシステムが

当然のごとくできるようになります。


 今までのゲームは、ゲームシステムが持てるデータに限界があり、

開発側が用意した決められた範囲内のデータだけを使用することで、

ゲーム内の秩序を保っていましたが、GAME2.0では、P2P技術や

グリッド技術など、データ容量に関係なくゲーム世界を拡張する

ゲームシステムが採用されます。


 データを無限に持てるということは、ゲームデザインを一変させます。

 

 こうしたGAME2.0的ゲームデザインを、私は「解放された発想」と

呼んでいますが、あなたもこの説明を読んで、「解放された発想」を

持てたのではないでしょうか?

 

 今回は、GAME2.0の入り口をシェアしてみました。


 次回からは、WEB2.0に対応させて、GAME2.0的要素をシェアして

いきたいと思います。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


期間限定企画「中毒ゲームデザイン・トレーニング」
■中毒になるゲームの秘訣はあなたがド変態であること?
現在1927名の方が登録中。
期間限定でゲームデザインについての講座を特別プレゼント。

■音声1:粘りについて
ゲームにハマりを生み出す要素「粘り」を入れる方法とは?
あなたの作るゲームにも「粘り」を取り入れよう。

■音声2:インパクトについて
 ヒットゲームのトリガーとなっている「インパクト」の作り方とは?
「インパクト」を取り入れて、あなたのゲームにヒットの可能性を埋め込もう。

■ほかにもこんな内容を音声でお届けします
・練り上げられたゲームデザインをする秘訣
・間違いのない面白さのコアを盛り込む方法
・ゲームがヒットする原因を盛り込む方法
etc.

■サンプル音声、登録はこちらから。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: GAME 2.0(2)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://n2-interactive.com/mt/mt-tb.cgi/124

コメントする

このブログ記事について

このページは、n2laboが2008年12月29日 20:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「GAME 2.0(1)」です。

次のブログ記事は「GAME 2.0(4)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

[[img(http://x8.mikosi.com/bin/ll?095447901)]] [http://x8.mikosi.com/bin/gg?095447901 アクセス解析]