308736_8367.jpg

●ゲームは社会の役に立たないか?

 ゲームはこれまで、


「ただの暇つぶし」

「なんの役にも立たない」

「現実にフィードバックがない」


などと言われてきました。

 ゲームばかりする子供に対してその親が良く言う言葉ですね。


 これは要するに、社会的に見るとゲームは単なる娯楽であり、慰みであり、

実社会に生きる上でなにも役に立たない、そういうことです。

 

 これは、私はあながち否定したものではないと思っています。

 確かに、ゲームは娯楽であり、社会に見れば、「役に立たないもの」と

認識されても仕方がないと思います。


 実社会をよりよく変えるために生きているような、タイトに生きる人たち

からみれば、ゲームとは一般大衆の余興でしかありません。

 

 もちろん、では社会の役に立たなければ、排除の方向に行くのか?

というとそうではないし、娯楽とは人間が人生を「楽しむ」上で必要な

ものです。

 ゲームはコミュニケーションを潤滑にするためのものでもあります。

 

 そして、「遊び」とは、赤ちゃんのライオンがじゃれあうように、

動物が本来的に持っている性質です。

 もともとの性質を否定するわけにもいかないでしょう。

 

 それからこれは開発する側としての意見ですが、ゲームとは「表現」の

1つです。伝達手段の1つなのです。

 自分を表現したい、認められたいという欲求は、マズローの五段階欲求説を

持ち出すまでもなく、人間の最高次の欲求です。

 

 ただ、「ゲームばかり」して過ごすのは、やはり問題があると私は

思います。「ネットゲーム廃人」が問題視されていますが、

生産性のない自己満足に中毒になることは社会的問題であり、

その個人の可能性を奪うことにも繋がると、私は思います。

 

 そこで私は、ゲームが社会的に役に立つものになればいいのでは?

 と思います。


 ではどうしたら、ゲームは社会的に役に立つものになるのでしょうか?


●ゲームはゲーム内世界だけに留まらず、他の実用性を持つ

 たとえば、今ひそやかに注目されている「シリアスゲーム」という

ものがあります。これは、ゲームの「ハマる」「夢中になる」特性を、

教育分野で活かせないか、という取り組みです。

 

 例えば歴史もののゲームは昔から出ていますが、こういったゲームを

プレイすることで、歴史上の人物を覚えたり、歴史の流れを把握したり

することに繋がります。

 

 もちろん、単にゲームと教育を結びつけただけでは無味乾燥なものに

なりがちなので、ゲームの「人をハマらせる」という部分と、教育の

面白いところを組み合わせていくことが必要ですが、こういった分野の

研究はゲームの地位を向上させることに繋がっています。

 

 また、最近では似たような分野で、「脳トレーニング」と称して

脳を活性化させると謳ったゲームが出ていますね。

 これも、ゲームが実社会で役に立つと認知されるいいきっかけに

なっていると思います。

 

●映画の特性

 映画は、ゲームとくらべて芸術性が高く、人生によい影響を

及ぼすものがあると認知されてます。それはなぜでしょうか?

 

 それは、映画が人間の情緒的な部分を表現し、それに共感する

観客が、その影響を実生活に持ち帰ることができるからです。

 人の精神によい影響を与えるものであれば、それは社会的に

認められるわけです。

 

 では、ゲームで人間の情緒的な部分を表現はできないもので

しょうか? もちろん、私はできると考えています。

 

 ゲームは自分で選択肢を選び、それを「体験する」ものだと

言えますが、では、自分の選択が、自分の(プレイヤーの)

精神にどういう影響を与えるのか? そういうことをシステム的に

表現することは充分に可能だからです。

 

 現状、人間の情緒に触れるものとしては、物語を綴るゲームが

その可能性を持っていますが、どちらかというとフィクションで

あり、ファンタジーであり、子供向けのものばかりです。

 

 人間の情緒に訴える映画は、どちらかというと社会派の物語や

事実を題材にしています。ですから、これから社会派の「大人な」ゲームが

出てきたら、ゲームは社会に人間的な影響を与えることができるのでは?

と、私は考えます。

 

●ゲームの体験プラットフォーム化

 ゲームは自分で「体験」するメディアです。

 そしてゲームは自分で「選択」するメディアです。

 人々は、「体験を共有」して、グループを作ります。

 

 同じ体験をした人は、すごく親しみを感じやすい。

 自分が人生で体験したことを共有すると、人は仲良くなりやすい。

 こういう状態を「ラポール」(掛け橋の意)ができたと言います。

 

 ということは?

 ゲームは「体験」を共有するプラット-フォームになれる、

ということです。ゲームをして、その体験を共有すると、ラポールが

築かれ、コミュニティを形成することができます。


 ゲームをプレイするだけでなく、その経験を共有できる場所ができれば、

ゲームはより人々のコミュニケーションを促すことができます。

 

 また、実社会に役立つ「体験」ができるゲームが出てくれば、それは

一般にも認められますし、シリアスゲームにしても、大勢で同様の

面白い教育的経験を共有できれば、学習効果も上がるというもの。

 

 ゲームがこれから徐々に実社会の「必要要素」として溶け込んで

いくとすれば、そういったゲーム観が形成されていくのでは? と

私は思います。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


期間限定企画「中毒ゲームデザイン・トレーニング」
■中毒になるゲームの秘訣はあなたがド変態であること?
現在1927名の方が登録中。
期間限定でゲームデザインについての講座を特別プレゼント。

■音声1:粘りについて
ゲームにハマりを生み出す要素「粘り」を入れる方法とは?
あなたの作るゲームにも「粘り」を取り入れよう。

■音声2:インパクトについて
 ヒットゲームのトリガーとなっている「インパクト」の作り方とは?
「インパクト」を取り入れて、あなたのゲームにヒットの可能性を埋め込もう。

■ほかにもこんな内容を音声でお届けします
・練り上げられたゲームデザインをする秘訣
・間違いのない面白さのコアを盛り込む方法
・ゲームがヒットする原因を盛り込む方法
etc.

■サンプル音声、登録はこちらから。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: GAME 2.0(8)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://n2-interactive.com/mt/mt-tb.cgi/129

コメントする

このブログ記事について

このページは、n2laboが2008年12月29日 20:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「GAME 2.0(7)」です。

次のブログ記事は「GAME 2.0(9)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

[[img(http://x8.mikosi.com/bin/ll?095447901)]] [http://x8.mikosi.com/bin/gg?095447901 アクセス解析]