私の使用しているツール


1228819_49896975.jpg

 「ゲームデザインは感情のコントロールである」

 ということで、私は日々「感情」についての研究をしています。


 先日「セコンド・メソッド」を見直していたんですが、自分で
言うのもなんですが、「面白いゲームの構造」は、やはり感情に
フォーカス(焦点)を合わせていると確信しました。

 「セコンド・メソッド」は1つわずが20ページほどの資料ですが、
その中に感情のコントロールの流れを凝縮しています。

 で、今回は感情の研究をどうやってしているのか? ということを
ちょっとシェアします。

 私が使っている資料やツールなどを紹介しますね。


 資料集め・まとめは、会社で企画をやっていたころと
あまりスタイルは変わらないので、企画を目指している人の参考に
なればと思います。


■ツール

●フリーマインド
http://www.freemind-club.com/

 これはマインドマップという、脳神経細胞の構造と同じ構造で
発想を広げ、まとめていくというツールです。


 本も出ていて、ベストセラーになっていますよ。

▼人生に奇跡を起こすノート術―マインド・マップ放射思考
http //www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4877710523/n2labo-22/ref=nos


 私は主にこのツールを使って、ほとんどのメモを取っています。
 またこのツールは、考えていることをまとめるのに非常に適しています。


 基本的に思考とは連想につぐ連想ですから、その連想体系がいかに
組まれるかによって、発想の仕方が変わってきます。


 また、まとめられた連想は自動的にツリー構造となるので、
「浮遊し単体で存在する情報」をこのツールでまとめられれば、
パチッと自分の考えをまとめることができます。


●WWWC
http://www.nakka.com/wwwc/

 いわゆるウェブページ更新チェッカーです。
 これとタブブラウザを組み合わせれば、素晴らしい時間の節約になります。

 いろいろな分野の最新情報は、このツールでニュースサイトを一気に
チェックして確認しています。


 ニュースの中でも、「感情」を揺さぶるものが、大きなカギです。


 ちなみに私はタブブラウザは「sleipnir」を使っています。

▼上級者向けタブブラウザ Sleipnir 公式ページ
http://www20.pos.to/~sleipnir/


●claunch
http://hp.vector.co.jp/authors/VA018351/

 このランチャは、マウスポインタを右上に持っていったり、
壁紙をダブルクリックすると出現するタイプのランチャです。


 通常、ファイルの置き場所はマイドキュメントフォルダだったり、
デスクトップだったり、Cドライブのどこかだったりしますが、
このclaunchに主に使うフォルダを登録しておくと、デスクトップは
すっきりするし、いちいちエクスプローラを開かなくて済むように
なります。

 これは革命的に便利です。
 これまたすばらしい時間の節約になります。


 このツール上に、ゲームデザインの資料を分類するフォルダを登録して、
次々と資料を整理しています。


●nami2000
http://www.geocities.jp/my_ultraseven/mozart/_start.htm

 いわゆるアウトラインプロセッサです。
 文書をツリー構造で管理できます。


 ウェブで集めた資料や、自分で書いた原稿の管理はこれで行なっています。


 ほかにもアウトラインプロセッサはあるのですが、1行目がタイトルに
なるのが便利だったので、これにしました。

 

 と、今回は短めですが、発想に使うと便利なツール、情報の整理に
役立つツールを紹介してみました。


 もしあなたが使っている便利ツールがありましたら、
私に教えてください。
 このメルマガでシェアしたいと思います。

 ↓ここからどうぞ↓
 http://www.n2gdl.net/reviewform/reviewform.html


 ちなみに参考にしている図書やメルマガを紹介しようと思ったのですが、
頭の中がバレそうなのでやめておきます(笑)。
(昔のメルマガに、本の隠しリンク集への入り口があるんですけどね)


 そうそう、メルマガを1つだけ挙げると、これが便利です。

▼バルクニュース
http://bulknews.net/

 ニュースの一覧が届きます。

 ニュースをザーッと流しながらチェックするのに便利です。


 

このエントリーをはてなブックマークに追加


期間限定企画「中毒ゲームデザイン・トレーニング」
■中毒になるゲームの秘訣はあなたがド変態であること?
現在1927名の方が登録中。
期間限定でゲームデザインについての講座を特別プレゼント。

■音声1:粘りについて
ゲームにハマりを生み出す要素「粘り」を入れる方法とは?
あなたの作るゲームにも「粘り」を取り入れよう。

■音声2:インパクトについて
 ヒットゲームのトリガーとなっている「インパクト」の作り方とは?
「インパクト」を取り入れて、あなたのゲームにヒットの可能性を埋め込もう。

■ほかにもこんな内容を音声でお届けします
・練り上げられたゲームデザインをする秘訣
・間違いのない面白さのコアを盛り込む方法
・ゲームがヒットする原因を盛り込む方法
etc.

■サンプル音声、登録はこちらから。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 私の使用しているツール

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://n2-interactive.com/mt/mt-tb.cgi/112

コメントする

[[img(http://x8.mikosi.com/bin/ll?095447901)]] [http://x8.mikosi.com/bin/gg?095447901 アクセス解析]