世界を作ること(2)

 

1261364_98647779.jpg

「世界観」と「ゲームシステム」、この2つには、相互関係があります。
 互いに影響しあって、ゲームの面白さの相乗効果が生まれます。


 ゲームにおける世界観とは、間違いを恐れずに言えば「箱庭」です。
 「興味深い出来事が起こるよう仕掛けられた閉じた世界」です。


 世界観は「物語」と同時に語られることが多いですが、それは映画や
小説のような単方向のメディアが、「誰か」の経験を綴る手段として物語を
使ってきたからです。

しかしゲームという双方向のメディアが生まれたことで、「あなた」の経験を
作る手段として、世界観は機能するようになります。

 

 「誰か」の経験ではなく、「あなた」の経験を作るための「世界観」。

 

 これがゲーム開発における世界観作りの大きな観点の違いだと、私は
思います。

 

「プレイヤーは、どういう観点から世界を見れば、大きく感情を
動かされるのか!?」

 

 ゲームのプレイと、映画の鑑賞では、「主体」が違います。
 ゲームの場合は、プレイヤーそのものが、「主体」なのです。


 ゲーム上で「経験」をするのはプレイヤーそのものですから、
その刺激は、客観的なものよりも大きくなります。


 F1レースを見て興奮するよりも、F1マシンに実際乗って
レースをするほうが、その緊張感、臨場感、回転する思考は何倍も
大きい。

 

 ここには比べくもない、感情の高まりがあります!

 

 ゲームは、その「実際感覚」を伝えることのできるメディアです。
 その感覚を作り出すために、世界観とゲームシステムが機能するわけ
ですね。


 では、「世界観」と「ゲームシステム」はどう相互作用するのでしょうか?


 どのようにすれば、「世界観」と「ゲームシステム」は相乗効果を
発揮することができるのか?


●どこに集中点を定めるか

 それに答える前に、ひとつ、考えてみてください。

 

 ゲームが提供する「経験」とは一体なにか?

 

 これは、私が提唱する「エモーショナル・ゲームデザイン」の
根底にある命題です。

 あ、哲学的に捉えないで下さいね。

 

 単に、「どんな経験を提供しようか?」と、考えてください。

 

 ...もうこう書くと答えを言ってしまったようなものですね(笑)。


 人は感情を動かされるものに興味を持つ。

 人は感情を動かされたとき、物事の認識を大きく変える。

 人は感情で行動し、理性でその行動を納得する。

 人は感情をぶつけられると、感情を返したくなる。


 ゲームは人の感情を動かすことで、その存在意義が生まれます。
 ゲームだけでなく、エンタテインメント全般がそうですね。


 だからゲームが提供する「経験」は、


「感情を動かされる経験」


であるほうがよい。

 そして、動かされる感情が大きければ大きいほど良い。


 人生観を変えるくらいに人の感情を動かすことができれば、
それはほんとうにすごいゲームです。

 

 感情を動かす!

 

 その方法論は「セコンド・メソッド」に任せるとして、
では「世界観」と「ゲームシステム」が相乗効果を発揮するには?


 それは、プレイヤーに与えたい「ある感情」のために、
「世界観」と「ゲームシステム」が「協力関係」になる必要が
あります。


 それはいったいどういうことか?


 それは次回で説明しますね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


期間限定企画「中毒ゲームデザイン・トレーニング」
■中毒になるゲームの秘訣はあなたがド変態であること?
現在1927名の方が登録中。
期間限定でゲームデザインについての講座を特別プレゼント。

■音声1:粘りについて
ゲームにハマりを生み出す要素「粘り」を入れる方法とは?
あなたの作るゲームにも「粘り」を取り入れよう。

■音声2:インパクトについて
 ヒットゲームのトリガーとなっている「インパクト」の作り方とは?
「インパクト」を取り入れて、あなたのゲームにヒットの可能性を埋め込もう。

■ほかにもこんな内容を音声でお届けします
・練り上げられたゲームデザインをする秘訣
・間違いのない面白さのコアを盛り込む方法
・ゲームがヒットする原因を盛り込む方法
etc.

■サンプル音声、登録はこちらから。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 世界を作ること(2)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://n2-interactive.com/mt/mt-tb.cgi/113

コメントする

[[img(http://x8.mikosi.com/bin/ll?095447901)]] [http://x8.mikosi.com/bin/gg?095447901 アクセス解析]