アバウト・オンラインゲーム(2)

 

6920341_a4e64c7cb7.jpg

●ネットゲームの敷居の高さ

 誰もが考えていると思うのですが、私はネットゲームのポテンシャル
(潜在性能)は、今出ているようなゲームの種類で終わるようなものではなく、
非常に大きな可能性を秘めていると思います。


 ネットゲームというくくりにとどまらず、ゲームという範疇を越えて、
ネットでビジネスをし、ネットで遊び、ネットでコミュニケーションするという
バーチャルな生活が中心になるような、そんな未来像がさまざまな社会問題を
内包しつつもリアルに待ち受けているように思います。

もちろん現状の延長で考えるととんでもない未来になってしまいますが。
 途中途中でハード的な折り返し地点が必ずあるでしょう。
 直近だと「IPv6」や「超高速インターネット衛星」ですね。


IPv6
http://www.v6pc.jp/jp/v6info/aboutv6.html
超高速インターネット衛星
http://www.jaxa.jp/missions/projects/sat/tsushin/winds/index_j.html

 そういった流れに合わせて、ネットゲームも確実に進化していくと思われます。
 というより、ネットゲームが生活の「電脳化」の最前線を模索する立場に
あることは、おそらく間違いないと思います。


 ただし可能性はあれど、目の前にある問題は着実に克服する必要があり...。


 現状、ネットゲームの進化に足止めがかかっているのは、ネットゲームが
ビジネスとして安定した収益を生むのに、まだまだ課金インフラ(基盤構造)が
整っていないためですね。


 遊び盛りの小学生や中学・高校生はほとんどクレジットカードを
持ってませんから、ネットゲームでなかなか遊ばないんですね。


 親にクレジットカード作るように説得して、専用のハードを買って、
アカウントを取って、個人情報を登録して...。


 遊びたくても、遊ぶために必要なステップ数が多いと、面倒になって
「もういいや」ってなっちゃう。


 そういう観点からいうと、作る側も、遊ぶ側も、ネットゲームは敷居が
高いんです。


 ネットゲームの本場であるPCゲームで、ネットゲームを遊ぶための
環境を整えた人は、ほとんどコアユーザーでしょうね。


 ただ、2004年度の日本におけるパソコンの普及率が単身世帯で78.2%、
インターネットの世帯利用率が88.1%を越えていますから(内閣府、総務省調べ)、
今後は、コアユーザーでない人も、どんどんPCネットゲームに
移行してくるだろうと予想されます。


 ネットゲームが「買ってきてすぐ遊べる」状態になるには、どうすれば
いいでしょうか?

 最もベストなのは、「1ステップ」でネットゲームができる状態にすること。


 ゲームのメディアをゲーム機に入れてそれでネットゲームが遊べる状態。


 以前、電源と同じ線からネットのデータをやりとりする技術があると
耳にした覚えがありますが、そういうのとか、携帯電話みたいにネットの
基地局があってどこでもネットができるとか(これはNTTがホットスポットと
いうサービスで始めてますね)...そういうサービスがもっと普及すれば、
あるいは...などと考えています。


 個人情報の扱いは社会的な問題をはらんでいますが、ユピキタス技術
の普及で、徐々に解決に進んでいくものと思われます。

ユピキタス(非接触型ICカードの未来)
http://www.geocities.jp/journey4web/Labo/KenDTsenser.html


●ゲームの分派と進化

 ネットゲームというとどうもMMORPGなどの大きなものを
想像しがちですが、ハンゲームという韓国の会社が展開している
テーブルミニゲームの集合体のような、思い切りニッチ時間を狙った
ゲームサービスも視野に入れる必要があると思います。


 ハンゲーム(http://www.hangame.co.jp/)は会員数約1700万人、
最大同時接続者数21万人規模のインターネットゲームコミュニティです。
(アメリカAlexa Research発表:2001年2月 Website世界順位世界12位、
 ゲーム部門世界1位)


 どちらかというと、こちらのほうがライトユーザー狙いという意味で
SCE系テイストの得意とするところなんじゃないかなあと思いますね。


 ゲームをアウトソース(外部供給)することでコストも非常に安く
済ませられるようです。


 それから、これは私見になりますが、私は「MMOはまだまだ
バリエーションが少ない」、と思います。


 MMOはゲーム内での生活様式の複雑化、貨幣流通の社会性など、
非常に面白い多様性が見えてはいるのですが、ゲームのルール自体は
どれも似たり寄ったりで、差別化・独自化が図られていません。
(ラグナロクなど、絵的に独自化が図られていたりはしますが)


 また、私がネットゲームの現状を見て思うのは、RTS、RPG、
FPSなど、どちらかというとスタンドアロンの延長のようなゲームが
大半を占めているということです。


 得てしてまったりプレイが主流のMMORPGですが、私などは
バトル主流のMMORPGがあればなあ、などと思ったりします。


 それから、もっとコミュニティとか、地域性を意識したネットゲームが
出れば、友人同士や同じ価値観を持った人同士の「結束感」を楽しめる
ゲームが作れるのではないか、などと考えたりします。


 ほか、もっと簡単に考えれば、人同士が集まって何かをするのが
楽しいわけですから、「イス取りゲーム」とか、「フィーリングカップル5vs5」
とか(古いですね(笑))、そういう、


「人が集まらなければ始まらない」


タイプのゲームを元ネタにしていろいろ考えられるのではないかと思います。


 こうなると、ネットゲームのネタは人間社会を見ればいくらでも
転がっていることになりますから、多様なニーズとウォンツ(欲求)の
どこを狙うか?ということになり、ターゲッティングの幅が広がることに
なると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加


期間限定企画「中毒ゲームデザイン・トレーニング」
■中毒になるゲームの秘訣はあなたがド変態であること?
現在1927名の方が登録中。
期間限定でゲームデザインについての講座を特別プレゼント。

■音声1:粘りについて
ゲームにハマりを生み出す要素「粘り」を入れる方法とは?
あなたの作るゲームにも「粘り」を取り入れよう。

■音声2:インパクトについて
 ヒットゲームのトリガーとなっている「インパクト」の作り方とは?
「インパクト」を取り入れて、あなたのゲームにヒットの可能性を埋め込もう。

■ほかにもこんな内容を音声でお届けします
・練り上げられたゲームデザインをする秘訣
・間違いのない面白さのコアを盛り込む方法
・ゲームがヒットする原因を盛り込む方法
etc.

■サンプル音声、登録はこちらから。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: アバウト・オンラインゲーム(2)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://n2-interactive.com/mt/mt-tb.cgi/14

コメントする

[[img(http://x8.mikosi.com/bin/ll?095447901)]] [http://x8.mikosi.com/bin/gg?095447901 アクセス解析]