ヒットするゲームデザインのために、どうゲームをプレイしたらいいか


 

1199443_48900926.jpg

ヒットするゲームデザインのために、どういうゲームをプレイすれば
いいのか。

 質問メールをいただきましたので、まずはご紹介。

> さて、私が悩んでいることは企画を立てる人はたくさんゲームをしたほうが
> いいかということです。
>
> 最近、企画を考えてないころに比べて、どんなメディアにも製作者の
> 「感情を動かす仕組み」をはっきり意識できるようになりました。
> 特にパソコンで動画を見ることが増えたと思います。
> でも、それに比例するようにゲームをする時間がめっきり減ってしまいました。
>
> ゲームは楽しんでやるには結構なのですが、そこから何かを学ぶとなると
> 時間の割に得られるものが少ないと思うのです。
>
> 最新のゲームの概要やシステムは結構ホームページで見れます。
> しかし、ゲームをして得られる(しないとわからないといったほうがいいかも
> しれません)知識や参考にできることも多いだろうし...という感じで悩んでいます。
>
> わかりにくい文章で申し訳ありませんが、単純に時間の使い方として、
> 「プランナーは時間がかかってもたくさんのゲームを経験したほうがいいのか」
> ということでお願いします。


 質問ありがとうございます。

 感情を動かすしくみ、深いですよね。

 私もテレビや映画、小説によくそれを感じます。

 一度気になりだすと、もう何を見ても自分の感情がどう動いたか?
再認識したくなる。

 職業病みたいなものですね。


 ゲームをする時間ですが、私もドッと減っていますよ(笑)。

 それでも最近は「スタークラフト」とか「ピクミン2」とか
「メトロイドプライム」とか、引っ張り出してきて遊んでいますが。

 あとDSもよくやります。

 「テトリス」はよくハマってます。


 ゲームをたくさんプレイすればすればそれでプランナーとして成長するのか...
というと、それは違うわけで。

 確かに、ゲームをたくさんプレイすれば、ゲームに対する造詣は深くなります。

 完成度が高いとはどういうことか? ということがわかります。

 人気のあるゲームとそうでないゲームの違いがわかるようになる。

 それから、一度ゲームにハマれば、そのハマった感覚を実現すればよいという
こともわかる。

 なので、一度は通る道だと思います。


 しかし、プランナーとして抜きん出るには、人と違うことをしなければならない。

 ゲームをたくさんプレイしたり、ゲームにハマった経験がある、というのは
ゲーム開発者なら、誰でも経験することなんですよ。

 だから、当たり前なわけで。


 そして、「面白さ」を把握するのは、けっこう簡単なんです。

 ただ、それを実現するのがたいへん。

 私がよく使う言葉なんですが、

 

インプット2割、アウトプット8割にしよう
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


という言葉があります。


 情報を仕入れるのは、けっこう容易なことです。

 でも、それをアウトプットに使うために整理したり、考えを深めたり
するのはけっこう時間がかかる。

 そして実際にゲームにするのにはもっと時間がかかる。


 インプットとは、ある意味楽なんです。

 だから、インプットに「逃げて」しまう人って多いんです。

 本を読んだり、

 ゲームは特に、プレイしていると楽しいですからね。


 お薦めするのは、ゲームをプレイしたり、映画を見たり、なにか感情を
動かされる出来事があったら、どういう流れで感情を動かされたか、
それを吟味し、ネタ帳にまとめておくことです。


 それは違うジャンルで応用できるし、なによりゲーム構造の
「パターン」を認識する上で役立ちます。

 パターンをつかむのって、非常に重要なんですよ。

 売れているゲームのパターン、共通項、それをつかみ取る作業は、
本質をつかみとる作業です。

 外見が変わっても、ジャンルが変わっても、その本質さえ間違わなければ、
面白いゲームができる。

 任天堂のゲームは同じゲームシステムのパターンを持ったゲームが多い。

 これを知っているだけでも、大きく違います。


 アウトプットは、あと企画書を書くことですね。

 ネタ帳を見ながら、こうしたらもっと面白いゲームができるんじゃないか、
と、1~2ページの企画書にまとめていく。

 もっともっと面白いゲームを、と、追求していくのがプロ。


 ネタを書き溜めて、いつでも形にできるようにしておくといいと思います。

 プランナーはアウトプットとして、研究結果を実際に文字に落とす作業を
すると、成長しますよ。


 蛇足ですが、私が取り入れている学習法に「加速学習」があります。

 前に書いたかもしれませんが。

 これはコリン・ローズという人が開発した学習法です。


 人は通常、覚えたことを24時間で8割忘れ、48時間で9割忘れます。

 書きながら学習すると、若干改善されます。

 しかし、これだと入れたあとから抜けていくようなものですね。

 人の学習効率は、本をただ読むだけでは非常に悪いわけです。


 しかし、学んだことを8割覚えておく方法がある、としたらどうでしょう。

 これは、実際にある方法です。

 どうすれば、覚えたことを8割、覚えていられるか。

 これを知ったらもうほかの学習法はできませんよ。


 では、どうするのか?

 

 それは、「人に教える」ことです。

 学んだ知識をシェアする、ということです。

 

 人は、五感を多く使ったほうが、記憶力が上がります。

 教えるということは、文字を書いたり、喋ったり、考えたり、身振りを
したりさまざまな感情を使います。

 だから記憶力が上がるんですね。


 企画書に書く、ということも、うまい伝え方を考えたり、絵を入れたり、
人に見せて評価してもらったり、人に教えるためにさまざまな工夫を
しますから、多くの五感を使います。


 アウトプットすることは、覚えたことを自分に強くインプットすることにも
なるんですね。


 ということで、インプット2割、アウトプット8割が、お薦めです。

 

 今回はこんなところで終わりにしたいと思います。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


期間限定企画「中毒ゲームデザイン・トレーニング」
■中毒になるゲームの秘訣はあなたがド変態であること?
現在1927名の方が登録中。
期間限定でゲームデザインについての講座を特別プレゼント。

■音声1:粘りについて
ゲームにハマりを生み出す要素「粘り」を入れる方法とは?
あなたの作るゲームにも「粘り」を取り入れよう。

■音声2:インパクトについて
 ヒットゲームのトリガーとなっている「インパクト」の作り方とは?
「インパクト」を取り入れて、あなたのゲームにヒットの可能性を埋め込もう。

■ほかにもこんな内容を音声でお届けします
・練り上げられたゲームデザインをする秘訣
・間違いのない面白さのコアを盛り込む方法
・ゲームがヒットする原因を盛り込む方法
etc.

■サンプル音声、登録はこちらから。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ヒットするゲームデザインのために、どうゲームをプレイしたらいいか

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://n2-interactive.com/mt/mt-tb.cgi/150

コメントする

[[img(http://x8.mikosi.com/bin/ll?095447901)]] [http://x8.mikosi.com/bin/gg?095447901 アクセス解析]