個人製作ゲームの宣伝について

 

698237_18015923.jpg

--------------------------------
個人製作のゲームの販売に関しての質問ですが、
宣伝について質問します。
宣伝にはどの程度のコストをかけた方がいいのでしょうか?
また、宣伝方法としてどのようなやり方がありますか?
そのために知っておいたほうがいいことなどはあるでしょうか

それと、実際にゲームを販売する前にやっておいたほうがいい
ことなどはありますか。
このようなサイトを立ち上げておいたほうがいいとか、
また資金調達の方法などもありましたらお聞かせ下さい。


それにしても給与の30%ってすご過ぎますね、
買うのもすごいけど消化するのも大変ですね。
すごすぎてちょっと見習えません(笑)

下平さん
--------------------------------

 下平さん、お世話になっております。

 個人的に返信しようと思いましたが、個人製作に興味のある人が
多いと思いましたので、こちらで答えをシェアしますね。


 宣伝にどのくらいコストをかけたらいいか、というのは簡単です。


「利益が出るならお金を無制限につぎ込む。

利益が出ないならお金をつぎ込むのをやめる」


です。


 宣伝にはいろいろなやり方がありますが、個人製作でのゲーム販売
ということは、おのずとインターネットが販売フィールドになりますよね。

 今、コストをかけて店頭で販売しようという人はあまりいないと思うので。


 そうすると、インターネットに存在する広告を使う、ということに
なりますが、有料の広告の場合であれば、「PPC広告」が一番効率がいいです。

 PPC広告とは、「Pay Per Click広告」の略で、クリックされるたびに
課金されるタイプの広告です。


 具体的には、グーグルで検索すると右側に出る広告がありますよね。

 あれをアドワーズ広告と言いまして、PPC広告です。

 また、ヤフーで検索すると右側に出るのもPPC広告で、
オーバーチュアというヤフーの子会社が管理しています。


 アカウントは無料なので、とりあえず両方とも取っておくのを
お薦めします。


 で、このPPC広告に広告を出稿するわけですが、広告がクリックされるたびに、
下平さんがゲームを販売しているページに飛びます。

 で、面白そうであれば買われていくわけですが、その購入の成約率というものが
あります。

 クリックするのはゲームの広告に興味がある人なので、成約率はその時点で
無差別に広告を出すよりは高いのですが、ここで神経を尖らせて、注意を払わ
なければいけない部分があります。


 それは、「広告コスト割れをしていないか」という部分です。


 例えば、テスト販売をしてみて、確率的に平均200クリックされると、5000円の
ゲームが1本売れることがわかったとしましょう。
 1クリックは10円ということにします。


 すると、2000円の広告費をかけて5000円のゲームが売れるわけですから、
3000円の利益が出ますね。

 1日に2000クリックされれば、売上は50000円、広告費20000円、
30000円の利益です。

 一ヶ月なら、×30なので、90万円の利益が出ますね。

 こうなったら、利益が出ているので、どんどん広告費をつぎ込めばいいわけです。

 広告費は都合しておかなければいけないですけどね。

 利益が確定しているので、会社にしているのであれば、銀行に融資を頼めば
貸してくれますし、国民生活金融公庫という国が母体の融資元もあったりします。


 で、これがもし、600クリックされてやっと1本売れる場合だったら。

 ゲームの売値が5000円で、それに対して6000円の広告費が
かかっているわけですから、1000円の赤字です。

 売れば売るほど損になります(笑)。


 この場合は、即刻テストを中止し、広告の見直し、価格の見直し、
もしくはゲーム内容の見直しを考えます。


 その後またテストを繰り返して、利益が出るまでテストするわけです。


 宣伝で最優先で押さえるのは以上の部分です。


 実際にゲームを販売する前にやっておいたほうがいいことですが、
私がまずやるであろうことは、

1・オリジナルドメインを含め、そのゲームのサイトを立ち上げる

 そこでもちろんゲームの魅力をどんどんと更新していきます。

 プレイヤーの声も、積極的に載せていきます。

 実際のプレイヤーが「面白い!」というのであれば、ゲームは
どんどん買われていきますから。


2・コミュニティを作る

 ゲームの魅力のひとつに、プレイヤー同士で、そのゲーム世界を
共有する楽しみがあります。

 ゲーム内ではなくて、オフラインのつながりです。

 掲示板でゲームで興奮したり緊張したり、感動したりしたシーンを
共有できれば、プレイヤーにとってはこれ以上ない面白さです。

 ゲームによる人のつながりは、人を幸せにします。


3・プレスリリースを出す

 会社であれば、ゲーム系のニュースを配信している会社に
プレスリリースを出します。

 取り上げられれば購入者も増えますから。


 あとは細かいことがいろいろありますが、主なのはこの3つですね。


 蛇足ですが、こういうのをまとめた
「ゲーム開発で暮らすための5ステップ2」を書く予定です。


>それにしても給与の30%ってすご過ぎますね、
>買うのもすごいけど消化するのも大変ですね。
>すごすぎてちょっと見習えません(笑)

 自分への投資の話ですね。

 消化する方法も投資で身につければ、普通になりますよ。

 最初はフォトリーディングを覚えるといいです。

 本が出ているのでお薦めです。

 あと私はコリン・ローズ氏の「加速学習」シリーズを勉強しました。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


期間限定企画「中毒ゲームデザイン・トレーニング」
■中毒になるゲームの秘訣はあなたがド変態であること?
現在1927名の方が登録中。
期間限定でゲームデザインについての講座を特別プレゼント。

■音声1:粘りについて
ゲームにハマりを生み出す要素「粘り」を入れる方法とは?
あなたの作るゲームにも「粘り」を取り入れよう。

■音声2:インパクトについて
 ヒットゲームのトリガーとなっている「インパクト」の作り方とは?
「インパクト」を取り入れて、あなたのゲームにヒットの可能性を埋め込もう。

■ほかにもこんな内容を音声でお届けします
・練り上げられたゲームデザインをする秘訣
・間違いのない面白さのコアを盛り込む方法
・ゲームがヒットする原因を盛り込む方法
etc.

■サンプル音声、登録はこちらから。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 個人製作ゲームの宣伝について

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://n2-interactive.com/mt/mt-tb.cgi/161

コメントする

[[img(http://x8.mikosi.com/bin/ll?095447901)]] [http://x8.mikosi.com/bin/gg?095447901 アクセス解析]