企画書のどこが悪いか、わからない

 

539383_82027888.jpg

--------------------------------
 初めまして。
 いつも楽しく読ませて頂いております。山中と申します。

 先日頂いたメールを読みまして、わたしも質問をさせて頂こうと思いました。


 とあるゲームメーカーのプランナー中途採用試験を受け、二次試験で企画書の提出
が課題だったのですが一週間ほど前に落選の通知が来ました。

 まだ一社目なのでさほど落ち込んでもいないのですが、誤解を覚悟で言えば「自分
の企画書のどこが悪かったのか?」というのをはっきりと認識出来ないでいます。
 これは「自分の企画書は最高だ! なんで落とすんだ?」という意味ではなく、
「読み返してみると魅力が伝わってないような気がする。でもそれがどいうった部分
なのかはっきり認識出来ない」という状態です。

 今後も他の会社を受けてみようと、別の企画書を書いたりしているのですが、どう
しても「また同じ事をしているのかも......」となってしまい、足踏みしてしまいま
す。
 自分の周りにはゲームや企画に明るい人がいないのですが、身近な人に見てもらっ
て感想を頂くのが一番よいのでしょうか?

 お忙しい中大変申し訳ございませんが、お返事を頂ければ幸いです。
 よろしくお願い致します。


山中さん
--------------------------------

 こんにちは山中さん。

 いつもありがとうございます。


 まず最初に、ゲーム会社の試験での落選は、純粋に能力だけで落とされている
とは限らないことがあります。

 私は会社内部で、会社都合で採用するのをやめた例をいくつも見ました。

 確実に入るには、「コネ」を持っているのが一番確実です。

 泥臭い話ですけど。


 まあこれは、だからといって企画に問題がなかったというのではなく、
そういうこともあるので、あまり氣にやむことはないですよ、ということです。

 特に昨今は厳しい採用状況のようですし、会社側も苦しいはずです。

 任天堂系は別でしょうけど。


 そのうえで、企画のどこが悪いのかを判定する方法ですが、企画に明るい
人がいないのであれば、やはりまわりの人に見てもらうのがいいでしょう。

 ベストなのは、企画書というものを知らない人でも、「これならやりたい!」
と思わせることです。

 だから一般人であれ、見てもらって、やりたくなるか、面白そうかを、
なるべく多くの人に見てもらってください。


 これは、非常に大きなヒントになりますよ。

 自分以外の人の視点になるべく多く晒すことです。


 ゲームのしくみ宛てに送ってきてもいいですよ。

 できれば読者のみなさんとシェアしたいので、公開OKで送ってくれればと
思います。

 もちろん非公開でもアドバイスします。


 企画書のポイントを1つ挙げるとすれば。

 

 企画書も、「感情」を動かすものだ、ということです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 紙ペラに書かれている文字や絵に、感情を動かされる状況を考えてみてください。

 たかだか5~10ページの企画書で、人の感情を動かすにはどうしたらいいか?

 山中さんが生活の中で、単なる紙に印刷されたなにかに、強烈に感情を動かされる
ことはないですか?

 ありますよね?


 正直言うと、ゲームデザインのスキルと、面白そうな企画書を書くスキル、
加えてそれを面白そうに説明するスキルまったく別のスキルです。

 これは双方を鍛えるしかないです。


 ゲームを作る前に、紙だけで人の感情を揺さぶるスキルが必要です。

 そのスキルを鍛えるには、毎日目にするものがいかに自分の感情を動かしている
のか? それを観察すること。

 

 自分の感情を観察するんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 もう一点言えるのは、「企画書に集中してはだめだ!」ということです。

 あくまで「企画」それ自体を面白くすることを考えるんです。

 ノートなどに構想をバーッ! と展開していって、ああなる、こうなる、
だからこうなる、みたいに膨らませていく。

 企画書は、それを紙に落とし込むだけです。


 語彙やゲームの状況の想定を増やしていくことが、ゲームのいい説明に
繋がります。


 

このエントリーをはてなブックマークに追加


期間限定企画「中毒ゲームデザイン・トレーニング」
■中毒になるゲームの秘訣はあなたがド変態であること?
現在1927名の方が登録中。
期間限定でゲームデザインについての講座を特別プレゼント。

■音声1:粘りについて
ゲームにハマりを生み出す要素「粘り」を入れる方法とは?
あなたの作るゲームにも「粘り」を取り入れよう。

■音声2:インパクトについて
 ヒットゲームのトリガーとなっている「インパクト」の作り方とは?
「インパクト」を取り入れて、あなたのゲームにヒットの可能性を埋め込もう。

■ほかにもこんな内容を音声でお届けします
・練り上げられたゲームデザインをする秘訣
・間違いのない面白さのコアを盛り込む方法
・ゲームがヒットする原因を盛り込む方法
etc.

■サンプル音声、登録はこちらから。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 企画書のどこが悪いか、わからない

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://n2-interactive.com/mt/mt-tb.cgi/162

コメントする

[[img(http://x8.mikosi.com/bin/ll?095447901)]] [http://x8.mikosi.com/bin/gg?095447901 アクセス解析]