1000269_72129391.jpg

テーマを絞らない質問をここで答えたいと思います。

--------------------------------
下平さん

「艦砲射撃!」というゲームをやったときに、
すごい面白いゲームだなー、
単純だけど奥深い、いわゆるテトリスのような、
ハマるゲームだなと、感心したのですが。

これをDSとかに移植したら売れるんじゃないかと思うのですが。
新田さんはこのゲームに対してどういう感想を持ってられますか?

新田さんがおっしゃってるような、インディーズゲームというのは、
こういうゲームもさしているのでしょうか?

それとももう少し別の感じなのでしょうか。
いわゆるノベルゲームだと、インディーズから火がついたゲームは
いくつかありますが。

システムの優れたゲームで話題になるのってなかなか難しい気がします。

そういう部分をどう思われますか?
--------------------------------

 「艦砲射撃!」、私もハマりました。

 すごく出来がよかったので、作者のTANAKA Uさんにメールをしましたよ。
 相互リンクもしてもらいました。


 あ、ゲームのしくみでは相互リンクをいつでも受け付けておりますので、
リンクOKという方は「相互リンク希望」でどうぞこちらまで。

info@n2gdl.net


 私が言うインディ・ゲームは、もう少し規模の大きい「ファミコン」か
「スーファミ」レベルのものをイメージしています。

 もしくはネットを使って遊ぶ新しいゲームです。

 というのも、インディということでやはりゲームを作りながら暮らす、
というのが根底にあるので、「売り物」としてのゲームをやはりイメージして
いるんです。


 もちろん、小規模でも「艦砲射撃!」のような面白いゲームも
ありますし、それが絶対ではありません。

 ノベルゲームのような単純なシステムであっても、練りこみによって
大ヒットを飛ばしているゲームもありますし、テトリスやズーキーパー、
グンペイのような奥深さがあれば十分「売り物」になります。


 要は、プレイヤーの感情を揺さぶり、満足させ、ずっとやりこみたい!
と思わせるものであればいい。

 私がよく言う「感情を動かすのがゲームの目的」という必要条件を
満たしていれば、売り物になりうると思います。


 プレイヤーを満足させるシステム、というか、プレイヤーが
ゲームというパッケージのどこに満足するか? と考えると、2種類
あります。


 まず1つ目は、奥深いこと。

 SLGやRTS、アクション、落ちモノパズルのように攻略要素があり、
対戦ゲームのように何度やってもゲームの底が見えないもの。


 もう1つは、十分な時間楽しめるもの。

 RPG、ADV、ノベルゲームなどは、シナリオやイベント+システムで
ある意味物量でプレイヤーを楽しませる要素がある。


 後者は既存のシステムにシナリオやイベントを載せるタイプで、
現在のコンシューマ業界に多く見られるゲームです。

 物量が必要になることが多いので、組織化されたプロジェクトがいることが
多いです。


 システムの優れたゲーム、というと前者になりますが、こちらのほうが
よりゲーム的で、多様性が生まれ、奥が深くなりやすい。

 さらに規模が小さくても深みや味わいは生まれます。

 インディゲームデベロッパーにも作れるタイプのゲームは、どちらかというと
システムから考えるゲームが多いと思います。


 奥の深さをどうやって生むのか? ということに関しては、
これまでさまざまに書いてきましたが、ポイントとしては「拮抗状態」を作る
ことです。


 具体的な例で言うと、「3すくみのバランス」です。


 例えば、シミュレーションゲームで、選べる種族が3つあって、


1・戦士軍団はニンジャ軍団に強い

3・ニンジャ軍団は弓矢軍団に強い

2・弓矢軍団は戦士軍団に強い


というバランスを実現したとします。

 もちろん、「~に対して強い」だけであって、それぞれちゃんと対抗策を講じれば
戦闘が拮抗するようにバランスを取ります。

 ただ前提として、こうした「拮抗」のバランスがあり、「常に勝者がいない」
ゲームにすることで、逆に「勝者を巡って延々と攻略が続く」ようになります。

 

 勝者がいないバランスなのに、勝者を巡って攻略が続く
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 矛盾しているし、ちょっと「手のひらの上で踊らされ感」がありますが(笑)、
奥の深さとはこうしたバランスから生まれます。


 誰がやっても、勝率が高くならないゲーム。


 有名なところだと「スタークラフト」とか「麻雀」とか「MTG」は、
ジャンルは違いますが、そういうゲームです。


 しかし、そういうバランスにしたのに、なぜか常に勝利する者が出てくる。

 こうなると、プレイヤーは「神秘」(Mystic)をその人に感じるようになる。

 スタープレイヤーの誕生です。


 スタープレイヤーが生まれると、「僕もああなりたい!」と、熱狂する人が
大勢出てくる。

 練習次第でなれる可能性があるからですね。

 すると、さらにプレイヤー達のゲーム攻略の熱が上がってくる。


 韓国では「スタークラフト」の大会で優勝賞金1000万円のゲームリーグが
行なわれていますが、こういうムーブメントが起こるほど、熱狂した場を
作り出せれば、ゲームデザイナーとしては本望ですね。


 ひとりゲームでの奥の深さの作り方も基本的には同じですが、
バリエーションとして「組み合わせ」によって奥の深さを作り出す方法も
あります。

 これは「エモーショナル・レイヤード・ゲームデザイン」という手法を
構想しているので、少々お待ちください。


 それでは、今回はここまで。


 読んでいただいてありがとうございました~!

このエントリーをはてなブックマークに追加


期間限定企画「中毒ゲームデザイン・トレーニング」
■中毒になるゲームの秘訣はあなたがド変態であること?
現在1927名の方が登録中。
期間限定でゲームデザインについての講座を特別プレゼント。

■音声1:粘りについて
ゲームにハマりを生み出す要素「粘り」を入れる方法とは?
あなたの作るゲームにも「粘り」を取り入れよう。

■音声2:インパクトについて
 ヒットゲームのトリガーとなっている「インパクト」の作り方とは?
「インパクト」を取り入れて、あなたのゲームにヒットの可能性を埋め込もう。

■ほかにもこんな内容を音声でお届けします
・練り上げられたゲームデザインをする秘訣
・間違いのない面白さのコアを盛り込む方法
・ゲームがヒットする原因を盛り込む方法
etc.

■サンプル音声、登録はこちらから。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 4・質問の泉

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://n2-interactive.com/mt/mt-tb.cgi/173

コメントする

[[img(http://x8.mikosi.com/bin/ll?095447901)]] [http://x8.mikosi.com/bin/gg?095447901 アクセス解析]