ゲーム製作する上で足りないもの

 

1193408_67230066.jpg

メルマガ読者の上野さんからだいぶ前にいただいたメールを
紹介します。

(すみません、最近仕事が多かったので今頃の紹介です)


 「ゲーム製作する上で足りないもの」


というお題へ寄せてもらったお手紙です。


 こ上野さんのご意見は、今後、インディゲーム製作において
面白いゲームを作るために重要な「答え」を生み出す内容に
なっているので、ぜひあなたも一緒に考えてみてください。

------------------------
▼ゲームを制作する上で足りないもの......ということで
一つ考えてみました。


普段、小集団での制作をしていて、欲張りな話ですが
「有能なアドバイザー役」が欲しいと感じることが
あります。

ゲームに限らず、個人・小集団での創作活動の最大の
デメリット(敵)は

1:視野の閉塞
2:その事実に気づかないこと

だと考えています。

 

まだインディーゲーム業界のことは把握しておりませんので、
視野の問題が該当するかどうかは未検証ですが、
少人数における創作活動の一つの大きな『壁』はここに
あると思います。


いわゆる、井の中の蛙、という状態に陥りやすいという点です。


個人でも、今の自分の力を出し切った100点、120点を
出すことはできる。
仲間内でディスカッション等を経て、チームで100点、120点を
出すこともできる。

「あ。でも、何か決定的なものが足りない」

と感じる瞬間があります。

その時に、自分(とチームメンバー)の「視野の外」に
どうやって出るか?です。


小~中規模の視点の切り替えは、チーム内の工夫で
補えますが、次元を越えたい(それほど大きな枠組を
俯瞰して問題点を見つめ直したい)という感じの時です。

 

同じ制作でも、スポンサーや運営母体となる企業が
ある場合は、プロデューサーや他チームのクリエイタなど、
「チーム外」の「高い視点」から、現状について鋭い指摘を
もらうことができ、それを契機に自分達の視野の外に
出ることができることが、ままあります。

ですが、インディーズ活動ではこうはいきません。

「チーム外」の「ユーザー視点」からの意見は集めることが
できますが、自分と同等以上のシビアな目を持った
「高い視点」からの、企画やテーマの根本に切り
込むような意見というのは、もらうことができません。

これがぼく個人が、小集団での創作活動をこれからも
続けていく上での悩みの一つです。
(答えにくいというか、参考になるかわかりませんが)

このエントリーをはてなブックマークに追加


期間限定企画「中毒ゲームデザイン・トレーニング」
■中毒になるゲームの秘訣はあなたがド変態であること?
現在1927名の方が登録中。
期間限定でゲームデザインについての講座を特別プレゼント。

■音声1:粘りについて
ゲームにハマりを生み出す要素「粘り」を入れる方法とは?
あなたの作るゲームにも「粘り」を取り入れよう。

■音声2:インパクトについて
 ヒットゲームのトリガーとなっている「インパクト」の作り方とは?
「インパクト」を取り入れて、あなたのゲームにヒットの可能性を埋め込もう。

■ほかにもこんな内容を音声でお届けします
・練り上げられたゲームデザインをする秘訣
・間違いのない面白さのコアを盛り込む方法
・ゲームがヒットする原因を盛り込む方法
etc.

■サンプル音声、登録はこちらから。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ゲーム製作する上で足りないもの

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://n2-interactive.com/mt/mt-tb.cgi/182

コメントする

[[img(http://x8.mikosi.com/bin/ll?095447901)]] [http://x8.mikosi.com/bin/gg?095447901 アクセス解析]