アバウト・デザイン(4)

 

1262446_90717838.jpg

●デザインの本質とは?

 デザインの本質を考える前に、まず「本質」とはなんでしょうか?
 これを考えましょう。
 辞書によると、


「物事の本来の性質や姿。それなしにはその物が存在し得ない性質・要素」


 とあります。

 本質とは、その存在の中心となる、どうしても必要な要素ですね。
 概念で言えば、それがなければ概念の意味がなくなるもの。

ではデザインにおいて「それがなければ意味がなくなるもの」はなんでしょ
うか?
 構想や設計は、なんのためにするのか?


 私はデザインの本質は、「表現」にあると思います。
 デザインは、表現のためにある。


 表現とは、自分の気持ちや思いを表に現すこと。
 人は自分の内面の思いをオモテに表さなければ、自分以外の人に意志を伝え
ることができません。


 言わなければわからない。

 書(描)かなければわからない。

 作らなければわからない。

 感じなければわからない。


 だから表現する。


 表現は日頃当たり前に行なわれていることです。
 表現は人の行為、発言、動作、創作物に当たり前のように入り込みます。

 なにかを作ったとき、その作ったものの中には、それをデザインした人の
表現が、程度の差こそあれ、入り込みます。

 では、表現の程度の差とはなんでしょうか?


●表現のレベル

 たとえば彫刻を作ったときに、真剣さがあればディテール(細部)まで作り
こまれ、曲面のなめらかさなど、造形への気配りが形に現われます。

 適当に作ったのなら、ディテールは放っておかれ、造形はなんの計画もなく
作られることになるでしょう。

 気持ち、つまり「感情」が込められていれば、作るものへの配慮がどんどん
細部まで行き渡ります。


 強いモチベーションを持った感情高い人が、いい意味でも悪い意味でも活躍
するのは、こういった配慮があるからです。


 それは「こだわり」とも呼ばれます。
 「こだわり」には感情が込められています。


 「洗剤など、大量生産される消費材のデザインはどうなのか? ああいうも
のにも表現があるのか?」というと、大量消費財は現在、その形、色などが人
間工学に基づいた科学的アプローチで作られています。

 そこには「人間の利便性を追求する」という、最大公約数を取った般化され
た表現がありますが、ここまで来ると表現というよりは、合理性を追求した
「工業デザイン」になると思います。

 コップを人間の手の形にフィットするように作ろう、という思いは表現です
が、出来たものはその形や色で思いを表現しません。コップをその形にした意
図はあれど、思いはオモテには出ないのです(内在はしている)。

 合理性を追求したデザインにすると、そこには感情的なものが感じられなく
なります。人間味のない、人工的なものになる、ということですね。

 ビルなどの建築物は、安全性が追求されるので非常に合理的なデザインにな
ります。


 ちなみに「クールな」とか「センスのいい」と言われるデザインは、感情を
表現しつつも、人間くささを感じさせない、合理的なデザインが見られる...そ
ういうコントラストのあるデザインじゃないかと思います。


 ゲームや小説や映画などの娯楽は、人の気持ち(感情)を刺激するのを目的
にしたものですが、その作り自体は合理的で、感情を刺激するものが計算の上
でオモテに現われるようになっています。

 作り手の熱意は、その合理性をいかに隙なく作るか、というところに現われ
ます。
 それができてはじめて、作品としての「メッセージ」(思い)が過不足なく
伝えられるのだと思います。


 ちょっと脱線気味になってしまいましたが、表現のレベルとは、表現者の感
情がどれだけ込められているか、ということで現されます。

 大量に消費されるものは、合理性が追求されるようになり、また工業化も進
んで、込められた感情が薄れていく傾向があります。


●人を動かすデザイン

 さてデザインは表現があってこそ成り立つ...とはいうものの...、

「それはほんとに根っこの部分で、気にしないでも入り込んでしまう空気のよ
うなものなんだよね?」

 実は、その通りなんですよね。


 デザインで困るのは、どうすれば「いいもの」に仕上がるのか? という部
分ではないでしょうか?


 「いいデザインの本質」が、本当に知りたいところですよね。


 私は、いいデザインの本質とは、どんなデザインであれ、


 「感情を動かす部分があること」


 だと思います。

 結局どんな商売でも人間相手ですから、人間に評価されてはじめてその価値
が生まれる。

 で、人を動かすのは「理性」でなくて「感情」とよく言いますが、この言葉
はそのまま、世の中のどんなことに当てはめてもOKだと思うんですよ。


 人は感情を動かされると高い評価を与えるんです。

 自分の感情を動かした物・事・人に、高い評価を与えるんです。


 どんな商品でも、どんな作品でもそうです。


 ゲームの「バイオハザード」はゾンビ犬がガラスを突き破って飛び出してく
るシチュエーションが、人の感情を大きく動かしました。


 お笑いがウケるのは、それを見ることで笑うことができ、感情が変化するか
らです。


 お金が欲しいと思うのは、別にお金そのものが欲しいのではなく、お金を得
ることで自由が手に入って、それで気持ちが変化すると思っているからです。


 彼氏や彼女が欲しいと思うのは、相手そのものが欲しいのではなく、そうい
う関係になることで、寂しいという気持ちが嬉しさや安心に変わるからです。


 どんな商品でも、「この商品を買えば、自分の気持ちが満たされる」という
気持ちの変化の期待があるから、買うわけです。

 今使っているもののストレス(という気持ち)が、これを買えばなくなると
思うからこそ、新しいものを買うんです。


 どんなものでも同じ。
 「感情を変える」ということに焦点を合わせれば、それは「いいデザイン」
に近づいていくと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


期間限定企画「中毒ゲームデザイン・トレーニング」
■中毒になるゲームの秘訣はあなたがド変態であること?
現在1927名の方が登録中。
期間限定でゲームデザインについての講座を特別プレゼント。

■音声1:粘りについて
ゲームにハマりを生み出す要素「粘り」を入れる方法とは?
あなたの作るゲームにも「粘り」を取り入れよう。

■音声2:インパクトについて
 ヒットゲームのトリガーとなっている「インパクト」の作り方とは?
「インパクト」を取り入れて、あなたのゲームにヒットの可能性を埋め込もう。

■ほかにもこんな内容を音声でお届けします
・練り上げられたゲームデザインをする秘訣
・間違いのない面白さのコアを盛り込む方法
・ゲームがヒットする原因を盛り込む方法
etc.

■サンプル音声、登録はこちらから。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: アバウト・デザイン(4)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://n2-interactive.com/mt/mt-tb.cgi/21

コメントする

[[img(http://x8.mikosi.com/bin/ll?095447901)]] [http://x8.mikosi.com/bin/gg?095447901 アクセス解析]