1187148_91388540.jpg

●SEX、SPEED、VIOLENCE

 今回は「SSV」という、人間の本能に根ざした3つの欲求についてです。

 SEX、SPEED、VIOLENCEの3つの頭文字をとって、SSV。

 単語から連想できると思いますが、けっこうあざとい概念です。


 あざとい映画監督は「観客はSEX&VIOLENCEを見せておけばそれ
だけで満足するのだ」などと言ったりしたとかしないとか...。

 それでは1つ1つ概要を説明します。

●SEX

 いきなりですが、性的欲求です。

 あえて説明するまでもないと思いますが...、性的欲求は人間の種の保存欲求
に根ざした本能で、しかも人間という種は年がら年中発情期という生物ですか
ら、この分野の商売はなくなることがありません。

 本屋にはたいていアダルトコーナーがあります。レンタルビデオ屋も同じ。
 インターネットを始めた中高校生がいくサイトは、自動的にアダルト(笑)。

 日本のPCゲーム市場はアダルトゲームで溢れ返っています。ゲーム内容が
コンパクトで済み安く作れるので、参入する会社も多い。競争が激しいので、
その分潰れる会社も多いですが。

 なぜ社会的にあまりいい印象の無いこのジャンルが消えてなくならないか?
それはやはり、安定して売れるからなんですね。


 聞いたことのある人も多いと思いますが、VHSとベータのカセットテープの普
及競争の決め手となったのは、アダルトビデオの普及が早かった方だった...と
いう話もあります。

 ベータの方がコンパクトで小さいのに対し、明らかにかさばる大きさのVHSが
なぜ勝ったのか? 不思議な勝敗の裏にはそんな話があったわけです。


●SPEED

 カーアクション、逃走劇、息をつかせぬ早い展開のストーリー...、速さは人
の心を「鷲掴み」にします。

 映画のトレイラー(予告編)がなぜああも人の心を掴むのか? それは1秒
にも満たない間隔で切り替わるカット割がそうさせるのです。

 本能的に人は、止まっているものより動いているものに焦点を合わせるよう
にできています。

 「敵」が迫っていることを早く察知するには、動くものを見なければなりま
せんし、「獲物」を狩るためににじり寄るには、その動きの変化をつぶさに見
なければなりません。
 これはDNAに刻み込まれた生物としての本能なのでしょう。


●VIOLENCE

 バイオレンス映画というと、まずは世界のタランティーノ監督。
 彼の映画からバイオレンスははずせませんね。バイオレンスが売りの映画監
督です。
 クンフー、ギャング、ウエスタン、ヤクザ、そういった過激な概念をモチー
フにして物語の骨格を作っているようですね。

 時に目を覆いたくなるような過激なシーンを作るのは、社会問題をはらんだ
表現であるバイオレンスという概念を利用した、彼のあざとさではないかと思
います。

 日本でバイオレンスを好んで使う映画監督は、世界の「キタノ」、北野たけ
し監督、それから遺作が問題作の「バトル・ロワイアル」である、故・深作欣
司監督ですね。

 それからゲームでのバイオレンスですが、日本のゲームは自主規制が激しい
のでそんなにどぎつい表現のゲームはありません。

 しかし海外はかなりきついものが多いです。特に米国では、「ゲームにバイ
オレンス要素を入れると売上がかなり上がるから入れろ」という風潮さえある
ようです。

 米国の裁判のニュースで「ビル・ゲイツから『もっとバイオレンス要素を高
めなければ、そのゲームはマイクロソフトからは発売できない』と言われ、拒
んだらゲームを開発中止にしろと言われた」という記事を見たことがあります。

 ビル・ゲイツが本当にそんなことを言ったのかは定かではありませんが、そ
の単語が裁判の審議のゆくえを左右するだけの力がある、ということは言えそ
うです。

         *     *     *     *

 この3つの要素、その中でもSEXとVIOLENCEはあまりにその影響
力が強いために、社会の中では禁忌に近い扱いになっています。
(それでも最近はその規制がかなり緩くなっていますが...)

 エンタテインメントの要素としては「使いよう」でヒットを生む要素になる
のでしょうが、次回からは、これらの要素から派生する「もっと効果的」で、
しかも「人にやさしい」概念について書いていきたいと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


期間限定企画「中毒ゲームデザイン・トレーニング」
■中毒になるゲームの秘訣はあなたがド変態であること?
現在1927名の方が登録中。
期間限定でゲームデザインについての講座を特別プレゼント。

■音声1:粘りについて
ゲームにハマりを生み出す要素「粘り」を入れる方法とは?
あなたの作るゲームにも「粘り」を取り入れよう。

■音声2:インパクトについて
 ヒットゲームのトリガーとなっている「インパクト」の作り方とは?
「インパクト」を取り入れて、あなたのゲームにヒットの可能性を埋め込もう。

■ほかにもこんな内容を音声でお届けします
・練り上げられたゲームデザインをする秘訣
・間違いのない面白さのコアを盛り込む方法
・ゲームがヒットする原因を盛り込む方法
etc.

■サンプル音声、登録はこちらから。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: SSV

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://n2-interactive.com/mt/mt-tb.cgi/22

コメントする

[[img(http://x8.mikosi.com/bin/ll?095447901)]] [http://x8.mikosi.com/bin/gg?095447901 アクセス解析]