エスカレート・メソッド

 

3672899104_9992675658.jpg

ここ近年、ミリオンに達するゲームは目減りしてきましたが、
どんなゲームを作ればミリオンに届くのだろう? と、よく考えるんですね。

 ものを作ったのに、なんの評価もないまま終わってしまうというのは、
非常に寂しいことです。

 少なからずなにか反応をくれよ! みたいに思っている人は大勢います。
 そして今市場に出回るゲームというのは、ほとんど評価のないまま
中古のガレージセールに出回ってしまう。

 だから「あーあ、あーあ」と言いながら仕事をする人がけっこういる
んじゃないでしょうか。
 「またどうせだめなんだ」とか言いながら。

 そこで思うのは、なんの目標もないまま作ってもだめなんだ、って
ことなんです。
 「どうすれば仕事で満たされるのか」それを考えて、それに向かう
ことが必要だと思うんです。

 ゲームを作る仕事に就いているのなら、それはやはりミリオンを売る
ゲームを作ることだと思うんですよ。

 ゲームを作る仕事についている人なら、誰もが目標にすることじゃ
ないでしょうか?


 ミリオンに達するゲームを作れば、会社は儲かってウハウハ、
社員は臨時ボーナスが出て、さらに給料が上がる、欲しかったツールも
買えて開発環境も整う、チームとしてステータスもつく、というように、
いいことづくめです。

 コンシューマゲームに限らず、同人ソフトであっても、ダウンロード
100万本、海外でも有名、みたいなむっちゃ売れるゲームを作ったなら、
それはもうそれだけで暮らしていけるし、またそのお金を資金にして、
作りたいゲームを作れるようになるわけです。

 そしてこれが社会に対して仕事をすることでの、非常に大きな報酬なんです。

 社会的に認められる、ということは、非常に大きな満足を生みます。

●戦うということ

 それで、ウンウン考えて思うのは、ミリオンに達するゲームというのは
ほとんどの場合「戦う」という概念が入っている、ということなんです。

 スーパーマリオはカメと戦いました。
 リンクはガノンと戦いました。
 メトロイドはメトロイドと戦いますね。
 バイオハザードはゾンビと戦っています。
 野球ゲームも、サッカーゲームも、戦うんです。
 RPGは結局戦う敵がいます。
 最近買ったピクミン2も、ピクミンは食べられながらも戦います。
 ロックスターゲームズのマンハントも買いました。
 このゲームも...ナタや銃の飛び出るすごい戦いをします。

 要するに、試合の形式でなくてもいいから、誰か相手がいて
戦う要素が、売れるゲームにはあるんですよ。

 まあ、これは「そんなの当たり前だ!」と思う人も大勢いるでしょう。
 ゲームという言葉はもともと試合から来てますから、試合があって
当たり前だ、と。

 ではなぜ戦うのか?
 なぜ戦うと、面白いのか?

●緊張感

 それは、人には「生き残りらなければならない」という本能があり、
それがとてつもない「緊張感」を生み出すからです。

 ゲームで主に感じる面白さは、この「緊張感」です。

 これはミリオンゲームを作る上での大きなコツだと思うのですが、
 緊張感が非常に長い間持続したり、瞬間的にある基準を超えて高まれば、
口コミを生んで、ミリオンになる可能性がある。

 緊張感は、声が出るほど大きな感情の昂ぶりを生み出します。

 サイトの特集でも書きましたが、感情を昂ぶらせることに成功すれば、
そのゲームは社会的成功にグッ! と近づきます。

 なにかと話題になったロックスターゲームズの「GTAIII」は全世界で
900万本売れたゲームですが、このゲームには端的に緊張感を生み出す
システムが盛り込まれています。

 このゲームでは、警官や民間人を攻撃して殺すと犯罪フラグが立ち、
画面右上の星(★)マークが点燈します。

 1つ星マークがついただけなら、隠れていれば自然と犯罪フラグは
消えるのですが、星マークが2つ以上点燈するともう星マークは消えません。

 こうなるともう無尽蔵に湧いてくる追っ手を殺すしか逃れる術は
ないわけで、自動的に星マークは増えることになり、カーチェイスと
市街地での銃撃戦はエスカレートするしかないようになっています。

 このエスカレートに一方通行なシステムが「発明」でしたね。

 エスカレート具合も、星3つでヘリが出現し、警察車両が突っ込んで
くるようになり、4になるとスワットの出動、5になるとFBIの登場、
6になると軍隊が出動し戦車が登場と、あり得ない激しさです。

 GTAIIIはほかにも見るべき点が数多くあり、そのトータルの完成度と
バイオレンス要素で世界的ヒットになりましたが、面白さの中心になったのは、
この「緊張感をエスカレートさせるしかけ」だったと思います。

 GTAIIIは社会的に問題のあるソフトとされましたが、純粋に
ゲームデザインの面から見れば、人の生き残ろうとする本能を非常に強く
刺激するしかけが盛り込まれた、隙のないゲームだと言えます。

 対立という状況はそれだけで緊張感を生み出します。
 戦いは、そのぶつかりです。

 対立のシチュエーション(状況)をいかに演出し、いかに緊張感を高めて
(エスカレートさせて)いくか。

 そのうまい流れを考えることで、ミリオンを狙えるゲームを考え出せる
のではないかと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加


期間限定企画「中毒ゲームデザイン・トレーニング」
■中毒になるゲームの秘訣はあなたがド変態であること?
現在1927名の方が登録中。
期間限定でゲームデザインについての講座を特別プレゼント。

■音声1:粘りについて
ゲームにハマりを生み出す要素「粘り」を入れる方法とは?
あなたの作るゲームにも「粘り」を取り入れよう。

■音声2:インパクトについて
 ヒットゲームのトリガーとなっている「インパクト」の作り方とは?
「インパクト」を取り入れて、あなたのゲームにヒットの可能性を埋め込もう。

■ほかにもこんな内容を音声でお届けします
・練り上げられたゲームデザインをする秘訣
・間違いのない面白さのコアを盛り込む方法
・ゲームがヒットする原因を盛り込む方法
etc.

■サンプル音声、登録はこちらから。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: エスカレート・メソッド

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://n2-interactive.com/mt/mt-tb.cgi/4

コメントする

[[img(http://x8.mikosi.com/bin/ll?095447901)]] [http://x8.mikosi.com/bin/gg?095447901 アクセス解析]