ギャップ・マジック(3)

 

1084632_47217427.jpg

●いい意味で裏切る

 一ヶ月以内に1億円稼がなければ殺される「1億円ゲーム」。
 それは参加者に「命の価値」を存分に味わってもらうためのゲームだった。


 鈴木は自分の望まぬそのゲームに強制的に参加させられ、命を落とさぬため
の奔走を続けるはめになる...。


 前回はこのストーリーの結末をちょっと考えましたね。 

「まあ、1億円稼いで、ゲームに勝つだろうな」


 と、なんとなく予想しました。


 マイナスを作ったんだから、それはギャップの効果を作るためにプラスに転
じさせなくては意味がない。


 でもここで、そのままゲームに勝たせたのでは、もったいない。


 観客が「えええっ!?」と驚くしかけをしなくては、超もったいない!


 ではそのしかけとは?


 はい。
 ここで押さえておかなければいけないことはひとつ。


 「読み手の予想の範囲内ではいけない」


 ということです。


 「いい意味で裏切る」という言葉がありますね?


 この言葉には、結末がなんとなく予想できて、実際にその通りに進むんだけ
ど、最後は予想以上の事が起こって、予想を裏切られる、そういうニュアンス
があります。


 つまり、「予想させつつ、予想外のことを起こす」ということなんです!
 これがしかけです。


 小説などのシナリオでは、主人公はまず生き残ります。
 そして正義が最後に勝つという結末、ハッピーで終わるという結末がパター
ンです。読み手もそれを分かっていて読んでいます。

 そこにシナリオの「予想」があるわけです。

 

 人の間で起こる出来事というものは、殴られれば怒る、殺されそうになれば
助かろうとするなど、因果と流れがあります。

 因果とは必然の連鎖。

 流れとは方向性と勢いです。


 人はその因果と流れを読んで、シナリオがどう展開するかを予想します。


 たとえ話でドラゴンボール。悟空VSフリーザ編(好きだね...)。


 悟空が必ず勝つと分かってはいるんだけど、フリーザが強すぎて、シナリオ
の流れから、悟空はどうやっても勝てないんじゃないか? 今までの技のどれ
を使っても勝てなかった...。

 と、読み手は予想するわけです。


 でも、パターンとして悟空が勝たなければおかしい。
 正義は勝つはずだ。


 ここでプレイヤーは「予想」と「パターン」の間で葛藤しますが、パターン
として悟空が勝つはずと予想。


 たぶん助けが入ったり、頭を使った工夫をして、ギリギリ勝つんだろう。
 (ホントよくあるパターンなんですよね、これ)


 誰も助けられない状況から言って、悟空が「これしかねえ!」とか言って、
頭を使って勝つんだろう。 いずれにしても瀕死の重傷になるはず。


 それがよくあるシナリオのパターン。


 そこでドンデン返し。スーパーサイヤ人に変身!

 読み手:「ハア!? なんじゃこりゃー!?」

 予想だにできない変身を遂げた悟空は、余裕でフリーザに完勝!


 あの回は私もさぶいぼが立つくらい興奮しましたね...。
 「なんだこの変身!」とか言いながら、何度もページを戻って読み返しまし
た(笑)。


 ということで、しかけの概要はつかんでもらえましたでしょうか?


 まとめるとこうなります。


 「因果と流れをパターンから予想させ、その予想を越えた結末を用意する」


 「1億円ゲーム」も、単に1億円稼いでクリアじゃ、予想範囲内なわけです。


 黒幕を暴いてやっつける。これも、話の流れからなんとなく予想できますね。
 おそらくこれが結末になりそう、ということも。


 では、予想の範囲を越えるには?


 予想を越えるには、テスト0点魔が100点を取るようなギャップ以上が必
要です。120点を取るような、ありえない越え方が必要です。

 そうすることによって、ギャップの幅を大きく広げるわけです。


 1億円と言わず、10億くらい稼いだら? とか。

 このゲームは実は大掛かりなイベントだった、とか。

 殺し屋を雇って、殺し屋対決をしたら? とか。

 etc.etc...


 あなたなら、どう予想を越える結末を用意しますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加


期間限定企画「中毒ゲームデザイン・トレーニング」
■中毒になるゲームの秘訣はあなたがド変態であること?
現在1927名の方が登録中。
期間限定でゲームデザインについての講座を特別プレゼント。

■音声1:粘りについて
ゲームにハマりを生み出す要素「粘り」を入れる方法とは?
あなたの作るゲームにも「粘り」を取り入れよう。

■音声2:インパクトについて
 ヒットゲームのトリガーとなっている「インパクト」の作り方とは?
「インパクト」を取り入れて、あなたのゲームにヒットの可能性を埋め込もう。

■ほかにもこんな内容を音声でお届けします
・練り上げられたゲームデザインをする秘訣
・間違いのない面白さのコアを盛り込む方法
・ゲームがヒットする原因を盛り込む方法
etc.

■サンプル音声、登録はこちらから。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ギャップ・マジック(3)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://n2-interactive.com/mt/mt-tb.cgi/35

コメントする

[[img(http://x8.mikosi.com/bin/ll?095447901)]] [http://x8.mikosi.com/bin/gg?095447901 アクセス解析]