スタディ・メソッド

 

1223589_77753939.jpg

●学習ってなんだ?

 学習とは大雑把に言えば、

「ある概念を脳の長期記憶にいかにして残すか?」

だと思います。

 プラグマティズム(実用主義)的にもっと突っ込むと、

「覚えた事をいかに実践することができるようになるか?」

だと思います。


 なにを知っているか、ということは、なにができるか、に繋がる。


 逆に言うと、知らなければ、行なうことができない。


 まあ、だからと言ってなんでもかんでも知識を得ようとするのは、時間的な
限界があります。
 効果的に知識を活かすには、自分の目標・目的を設定し、それに向けて絞り
込む必要があります。


 効果的な学習についてのレシピは次回にまわすとして、今回は学習を疎外す
る要素を考えてみたいと思います。


●なぜヘルプやチュートリアルはうざったいか?


 最近ゲーム内の「学習」で思うのは、まるでWindowsのヘルプのように、Q&
Aを網羅して、プレイヤーに「わからないときはそれを見てね」というように
指示するんだけど、まとめすぎてて逆に知りたいことを探すのが面倒な状態に
なる傾向が強いな、ということです。

 RPGのヘルプキャラなどは、その典型じゃないでしょうか?


 ヘルプを見るのがなぜ面倒になるか? というと...。


 ザーッと並べられた数多くの項目の中から、自分の知りたい情報を探す際、
あまりに並べられた文字列にウンザリしてしまうんですね。


 画面の中に意味のある情報が多く詰まっていると、それを目で追って読解す
るのに疲れてしまうわけです。

 これが面倒に繋がるわけですね。


 ということでこのメルマガも、なるべく1~4行くらいの短い段落ごとに2
行ほど空白行を入れて、一度に読解する量を絞り、読みやすくする、という工
夫をしています(空白行にもちゃんと意味があったんですね~)。


 チュートリアル(教育的指示機能)の存在も、ちょっとうざったいものがあっ
たりしますね。


 チュートリアルはとにかく待たされる部分が多いとウンザリします。
 3Dのゲームで、説明のモーションが終わるまで飛ばせないとか、説明の合
間にキャラクタの劇が挿入されていて、早くゲームを進めたいのに飛ばせない
とか。


 プレイヤーは「待たされる」のを極度に嫌います。


 例は別ですが、インターネットでウェブサイトを表示しようとしたとき、な
んの反応もないと、人は平均して4秒でそのサイトが表示されるのを諦めるそ
うです。


 学習は、こういった人の性質を考慮に入れてインターフェイスを作ってあげ
ないとすぐに「ポイ」されてしまうんですね。


 では、どのような学習が効果的なのでしょうか?

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


期間限定企画「中毒ゲームデザイン・トレーニング」
■中毒になるゲームの秘訣はあなたがド変態であること?
現在1927名の方が登録中。
期間限定でゲームデザインについての講座を特別プレゼント。

■音声1:粘りについて
ゲームにハマりを生み出す要素「粘り」を入れる方法とは?
あなたの作るゲームにも「粘り」を取り入れよう。

■音声2:インパクトについて
 ヒットゲームのトリガーとなっている「インパクト」の作り方とは?
「インパクト」を取り入れて、あなたのゲームにヒットの可能性を埋め込もう。

■ほかにもこんな内容を音声でお届けします
・練り上げられたゲームデザインをする秘訣
・間違いのない面白さのコアを盛り込む方法
・ゲームがヒットする原因を盛り込む方法
etc.

■サンプル音声、登録はこちらから。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: スタディ・メソッド

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://n2-interactive.com/mt/mt-tb.cgi/36

コメントする

[[img(http://x8.mikosi.com/bin/ll?095447901)]] [http://x8.mikosi.com/bin/gg?095447901 アクセス解析]