メイク・コミュニケーション(5)

 

1152277_90340870.jpg

●ゲームはコミュニケーションのためにどんな機能を持てばいいか

 さて前回は、人が興奮するほど盛り上がるには、体の動き、表情、態度など
がわかる、ナマのコミュニケーションが主体になる必要がある、ではゲームに
どんな機能があればいいのか? と、そこで終わりましたね。


 ナマのコミュニケーション。

 まず最初に考えられるのはなんでしょう? 

 私が思うに、「友達や知り合い同士」のコミュニケーションですね。

 すでに関係が出来ている人たちを結びつけるのが、一番手っ取り早い。


 ではどうやって結びつけるのか?


 それは、仕事等で同じ境遇だったり、同じ趣味を持っていたり、同じものに
興味を持っている人たちに対して、「共有できる話題」を提供することです。


 あるグループに、そのグループ固有な盛り上がれる題材を提供する、という
ことですね。

 (どんなグループがあって、それぞれなにを提供すれば盛り上がるか?)


 このアプローチは、任天堂系のハードがコンセプトに据えていますね。


 ゲームボーイのケーブル通信や、DSのワイヤレス通信は、そのためのフレー
ム(外枠)です。
 その枠は用意したから、あとは面白い題材・アイデアをはめてね、と。


 昔から任天堂は「インターネットはまだ早い」と言っていましたが、私は任
天堂は、「一番盛り上がるコミュニケーション」であるナマなコミュニケーショ
ンのアドバンテージ(優位性)を確立するために、そう言っていたのではない
かと思っています。


 ゲームは確かに単体でも面白いが、それがプレイされるのは、結局はそれを
媒介にして他人とコミュニケーションするためである...という哲学が、そこに
はあるのではないでしょうか?


 インターネットはマス(大衆)のメディアでインフラ(流通基盤)は広いが、
コミュニケーションはデジタルというフィルタによって、感覚的な部分の大半
が削ぎ落とされる。


 だから、人間がもっとも突き動かされる要素である「感情」が、そこでは非
常に伝わりづらくなってしまう。


 そうなるとそこで展開されるのは、本来的な意思伝達ではなく、もっと静的
な、ビジネスライクだったり、学術ライクなコミュニケーションが多くなる。

 そういう意味でインターネットでのコミュニケーションは「熱さ」の水準が
ちょっと低めになります。

 「雑誌感覚のコミュニケーション」とでも言えばいいでしょうか。

 (もっとも、日常的なコミュニケーションは常時「熱い」ものではないので、
それで事足りるのですが)


 ゲームは人の感情を動かしてナンボ。
 だから任天堂は、インターネットで大勢によるまったり系のコミュニケーショ
ンをとるよりも、範囲は狭いけれど「熱くなれる」友人知人のコミュニケーショ
ンに的を絞ったのではないでしょうか?

 ...と、ちょっと話がそれましたね。


 要するに任天堂はナマなコミュニケーションに焦点を当てているということ
なのですが、実際出ているゲームは、その焦点を絞りきれていないように思い
ます。


 ナマなコミュニケーションが熱くなるには、「共有できる話題」を投入する
という意味で、ゲーム自体が「話題」になる必要があります。


 ではここで言う「話題」とはなんでしょうか?


 ここで考えていただきたいのですが、あなたは友人たちと(ゲームに限らず)
どんな話題で夢中になりますか?


 そしてこれが重要なのですが、どんな話題を「継続的」に話していますか?


 この話はまた次回に持ち越したいと思いますが、私はゲーム自体が「話題」
になることを「ダービースタリオン」や「GT4」などのゲームが体現してい
ると思っています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


期間限定企画「中毒ゲームデザイン・トレーニング」
■中毒になるゲームの秘訣はあなたがド変態であること?
現在1927名の方が登録中。
期間限定でゲームデザインについての講座を特別プレゼント。

■音声1:粘りについて
ゲームにハマりを生み出す要素「粘り」を入れる方法とは?
あなたの作るゲームにも「粘り」を取り入れよう。

■音声2:インパクトについて
 ヒットゲームのトリガーとなっている「インパクト」の作り方とは?
「インパクト」を取り入れて、あなたのゲームにヒットの可能性を埋め込もう。

■ほかにもこんな内容を音声でお届けします
・練り上げられたゲームデザインをする秘訣
・間違いのない面白さのコアを盛り込む方法
・ゲームがヒットする原因を盛り込む方法
etc.

■サンプル音声、登録はこちらから。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: メイク・コミュニケーション(5)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://n2-interactive.com/mt/mt-tb.cgi/43

コメントする

[[img(http://x8.mikosi.com/bin/ll?095447901)]] [http://x8.mikosi.com/bin/gg?095447901 アクセス解析]