コスティキャンのゲーム論・解説(18)

 

1199445_17933399.jpg

●「ゲーム」を魅力的なものにする他の要素:ロールプレイ

 RPGは「ロールプレイング・ゲーム」の略ですね。

 「ロールプレイ」とは、「役割を演じる」ことを言います。


 要するに、RPGでは、与えられたキャラクタの役に「なりきって」ゲーム
をプレイするわけですね。

 ロールプレイでは、その「なりきる」ことが楽しい。

 例えば、ゲームとは違いますが、ブルースリーの映画をテレビでやっていた
翌日、学校にニセ・プルースリーが教室に3人くらいいませんでしたか?(笑)


 それから、北斗の拳のケンシロウの真似で「ほあたあ!!」とか「お前はも
う死んでいる」とか言って「ズブ!」と指を体に食い込ませてくる人はいませ
んでしたか?(笑)


 すごい人になると、生活自体にその「なりきり」を持ち込んで、人を呼ぶと
き指でクイクイとしてみたり、「きさまか!」とか「なれあいはせん!」とか、
マンガに出てくるようなセリフを常用するがいたりします(笑)。


 「なりきり」は、そのひとになった気がして、気持ちがいいんですねー。


 ここで注意したいのは、キャラクタに「感情移入」することと、キャラクタ
を「演じる」ことは違うということです。


 ゲーム内のキャラクタがどう考えるか考え、その通りに行動するのがロール
プレイです。


 コスティキャンはこう言います。


「ある意味では、感情移入はプレーヤーからキャラクターに向けた動きであり、
ロールプレイはキャラクターからプレーヤーに向けた動きと言える。両者は方
向が逆なのだ」


 だから、ひとり遊びのコンピュータゲームは、本質的にロールプレイをする
ことはありません。


 ゲーム画面を目の前にして、「役割を演じる」必要性がないからです(そん
なことをしてる人がいたら恐いですよね(笑))。


 じゃあロールプレイを促進することは、コンピュータゲームでは意味がない
のだから、使えないのか...テーブルトークRPGだけのものなのか...というと、
そうではないんです。


●ロールプレイの使いどころ

 ロールプレイは、MMORPG等のネットゲーム(特にファンタジー系)で
非常に大きく意味が出てくる方法論です。


 コスティキャンは、以下の3つをロールプレイの大きな効果として挙げてい
ます。

▼感情移入を強化する

 キャラクタと同じように考えようとすれば、自然とキャラクタに感情移入し
ます。


 例えば、これはごく原始的な例ですが、「善」と「悪」。


 キャラクタ作成のときに「善」と「悪」の属性設定ができるゲームはいくつ
もありますが、この設定ができるだけで、ゲーム内で「善人」を振舞ったり、
「悪人」を振舞ったり、プレイヤーの行動は変わってきます。


 特に「悪」を選んだとき、悪い振る舞いを意識的に行なう傾向は強いようで
す。

 悪のキャラクタならば、盗みをしたり、他人に切りかかって追い払ったりし
てもいいんだと、思うわけですね。
(悪はそういう存在という認識があるので)

 「悪」が悪を振舞うことで、行為とアイデンティティが一致し、感情移入が
促されるわけです。


▼ゲームの雰囲気を高める

 今あるネットゲームは、プレイ中、ゲーム世界と現実世界の壁はけっこう薄
いものです。「ゲームではこうだけど、リアル(現実)ではこうでさ...」みた
いな話がゲーム中にもよく話されます。

 しかしプレイ中、仲間同士で一生懸命かばいあったり、回復魔法をかけて助
け合ったりなどの役割を演じているとゲームに集中し「一緒に冒険しているん
だ。この世界の中で旅をしているんだ」という意識が高まり、ゲーム内での連
帯感が高まります。


 特にネットゲームはテーブルトークRPGのように相手のリアルの顔が見え
ないので、「自分のキャラクタを演じる」という行為が促されやすく、連帯感
もできやすいようです。


▼プレイヤー同士の交流を深める

 ロールプレイは一種の「芸」であり、それは他人がいるからこそできること
です。

 ネットゲーム内では、さまざまな特殊技能をキャラクタが持ちます。
 回復魔法、攻撃魔法、属性変化魔法、など。
 それらは「種族」というカテゴリで、得意不得意があったりします。


 そのキャラクタの技能の違いが、チームでの行動に役割分担を与え、チーム
ワークの気持ちよさを感じさせる原因になるわけです。


 そこで体験を共有した人たちは、おのずと交流が深まるというわけなんです
ね。


●本来的なロールプレイ

 実際のところ、コンピュータによるネットゲームでは、まだまだ本来的なロー
ルプレイ(役割を演じる)を促すところまではいっていません。


 「役割分担」によって、単純に世界の共有が行なわれているだけです。


 本来ならば、そのキャラクタに「なりきり」、しゃべる(打ち込む)言葉、
行動、考え方なども真似するのが、正しいロールプレイです。


 「演技なんて恥ずかしい」という壁を取り、もっと世界観にどっぷりと浸か
ることのできるゲームシステムを考えることができれば、ネットゲームはさら
に面白いものになるのではないかと思います。


  →ゲームを分析するときは、「このゲームで、プレーヤーにロールプレイ
   させるための仕掛けは何か。どのような演技が可能で、どのような演技
   を狙っているか」ということを考えなければならない。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


期間限定企画「中毒ゲームデザイン・トレーニング」
■中毒になるゲームの秘訣はあなたがド変態であること?
現在1927名の方が登録中。
期間限定でゲームデザインについての講座を特別プレゼント。

■音声1:粘りについて
ゲームにハマりを生み出す要素「粘り」を入れる方法とは?
あなたの作るゲームにも「粘り」を取り入れよう。

■音声2:インパクトについて
 ヒットゲームのトリガーとなっている「インパクト」の作り方とは?
「インパクト」を取り入れて、あなたのゲームにヒットの可能性を埋め込もう。

■ほかにもこんな内容を音声でお届けします
・練り上げられたゲームデザインをする秘訣
・間違いのない面白さのコアを盛り込む方法
・ゲームがヒットする原因を盛り込む方法
etc.

■サンプル音声、登録はこちらから。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: コスティキャンのゲーム論・解説(18)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://n2-interactive.com/mt/mt-tb.cgi/64

コメントする

[[img(http://x8.mikosi.com/bin/ll?095447901)]] [http://x8.mikosi.com/bin/gg?095447901 アクセス解析]