1236662_13395354.jpg

 ゲームの中に「お金」の概念のあるゲームは多いですよね。


 でも、ゲームの中のお金って、当然ですがゲームの中でしか使えません。

 それでも、プレイヤーはゲームの中でせっせとお金を集めます。


 なぜでしょう?

それは、ゲームの中で、そのお金にすごい価値があるからですね。

 強力な剣を買ったり、魔法を跳ね返す盾を買ったりできるからですね。

 それがないとお話を進められないアイテムも売ってたりする。
 こうなるとお金が非常に大事になります。


 だから、プレイヤーは敵を倒してお金が出てくるとまず拾う。


 アイテムも同様ですね。

 クリアに必要なすごーく重要なアイテムがあるとすると。


 これ、もうプレイヤーはもう血眼になって探すわけです。


 「どこ? どこ?」と。


 なかなか出ないレアアイテムの場合も、ほんとにスゴイです。


 ネットゲームだと、レアアイテムの取り合いで決闘が行なわれる
くらいです。


 あなたも知ってると思いますが、RMT(Real Money Trade)といって、
現実世界のお金で、ゲームの中のお金やアイテム、アカウントが取引される
ことも、もう常識です。


 これらのことは、ゲームの中のお金・アイテムに、非常に大きな「価値」が
あることを示しています。


 これ、地味に感じるかもしれませんが、超がつくほど重要なんです。


 なぜかというと、現実世界で生きていくのに関係ないゲームの中なのに、
お金を出してでも欲しいモノ(この場合、「情報」ですね)があるからです。


 なにもないところから、お金を出しても欲しい「価値」が生まれている。

 これはいわば「錬金術」なんです!


●ゲームの中の価値とは?

 ゲームは、どんな種類のものであっても「あるもの」を
作り出しているから、お金で買われるんです。


 その「あるもの」が、ゲームにおける「価値」です。
 これがわかれば、ゲームを面白くすることは、格段に易しくなります。


 私はその「あるもの」が明確でないから、つまらないゲームが
生まれてしまうと考えています。


 逆にそれがはっきりすれば、ゲームで作り出すべきものは、
非常にわかりやすい。
 開発チームの意思統一も図りやすいでしょう。


 「あるもの」を作り出すことに集中すればするほど、ゲームが
ヒットする確率は高くなります。


 「あるもの」が強ければ強いほど、ゲームのヒットは大きくなります。


 「あるもの」が持続すればするほど、ゲームは売れ続けます。

 

 「バイオハザード」が作り出している「あるもの」は?

 「戦国無双」が作り出している「あるもの」は?

 「カウンターストライク」が作り出している「あるもの」は?

 「GTA3」が作り出している「あるもの」は?


 「あるもの」は、もとはひとつですが、さまざまに派生します。

 いろいろな呼び名があります。

 

 ではその「あるもの」とは...?

 

 実は、極意に近いものなので、紙面上ではあまり強調したくないんです。
 たったの2文字なんですが。

(バレバレかもしれませんが)


 ヒントはこれ!


 実は、トップページで謳ってます(笑)。
(強調しないから、見過ごされてるんですね)


 メルマガにも言葉自体は何度も出ています。
 最近はだいぶ強調しているかも(笑)。


 

このエントリーをはてなブックマークに追加


期間限定企画「中毒ゲームデザイン・トレーニング」
■中毒になるゲームの秘訣はあなたがド変態であること?
現在1927名の方が登録中。
期間限定でゲームデザインについての講座を特別プレゼント。

■音声1:粘りについて
ゲームにハマりを生み出す要素「粘り」を入れる方法とは?
あなたの作るゲームにも「粘り」を取り入れよう。

■音声2:インパクトについて
 ヒットゲームのトリガーとなっている「インパクト」の作り方とは?
「インパクト」を取り入れて、あなたのゲームにヒットの可能性を埋め込もう。

■ほかにもこんな内容を音声でお届けします
・練り上げられたゲームデザインをする秘訣
・間違いのない面白さのコアを盛り込む方法
・ゲームがヒットする原因を盛り込む方法
etc.

■サンプル音声、登録はこちらから。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ゲームの中の価値

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://n2-interactive.com/mt/mt-tb.cgi/74

コメントする

[[img(http://x8.mikosi.com/bin/ll?095447901)]] [http://x8.mikosi.com/bin/gg?095447901 アクセス解析]