ゲーム開発のプライオリティ

 

119656_text_-_priority.jpg

 ゲーム開発において、一番優先しなければいけないことはなんでしょうか?

 クオリティ? 完成度? ディテール? 面白さ?

 どれも、大事ですね。

 ちなみに私が上の中から選ぶとすれば、面白さです。


 しかし、実際のゲーム開発で一番優先されるのは...。 


 なんだと思います?

 

 


 プロの人ならわかると思いますが、「開発期間」です。

 プロというのは、限りのある時間の中でいかに高いクオリティのものを
作るか? それに集中しています。

 最初に期限ありき! なんです。

 

 どんなにクオリティの高いものを作っても、

どんなにディテールが完璧でも、

どんなにこだわった内容でも、

それが期間内に完成しなければ、意味がない。

 

 時間を氣にしないで作れるのは、アマチュアです。

 

 「プロのこだわり」という言葉は、長い年月を経て編み出された
スピードによって、当たり前になったディテール、当たり前になった
クオリティ、当たり前になった面白さが、にじみ出たことを意味しています。


 仕事人として、時間を守れないようでは失格なんですね。

 時間を守った上で、どれだけのクオリティを確保できるか?
 それが、より仕事ができるプロの指標になります。


 ですから、これからゲーム業界に入ろうとしている方、入って
少ししか経っていない方は、とにかく自分のスピードを速くすることを
目指してください。


 プログラマだったら、技術云々も必要ですが、まずは基礎力です。


 タイピングソフトを買って、毎日練習して、公式認定で1級取れる
くらいのタイプスピードをつける。

 タッチタイプは当たり前にする。


 これ、最初にできると強いです。


 ソースの整理はあとまわしでいいです。
 最低限、デバグの見通しが利いて、まず動くものを。
 どうしても整理したい場合は、家に帰ってリファクタリングしてください。


 慣れてくれば、自然にプログラムのパターンが身についてきます。
 すると、バグは少なくなってきます。

 そして、あまり整理しなくてもよいソースが書けるようになってきます。


 この基礎力がついた上に技術力をつけるのが速いです。
 なにせ、ソースがすらすら書けてバグもあまり出ないんですから、
新しい技術のテストプログラムを書くのも速い。

 

 ゲームデザインも、期間を考慮し、規模を調節するのはプロとして当然です。

 プレゼンの通った企画書でも、期間が決まったら、配置されたスタッフが
どれくらいの技術力を持ち、どれくらいの内容を詰められるか、当人と相談
しながら決めていきます。


 作りきれないボリュームを策定してしまうのが、デスマーチの最大原因です。


 面白さを実現するのは、ある「流れ」さえ把握していれば実現の可能性が
上がります。面白いことは、大前提です。
(詳しくは http://www.n2gdl.net/bookshop/tips/index.html

 

 その上で、どれだけのクオリティを出し、ディテールを作れるか?


 ゲームとは、料理のようなものです。


 どんなにおいしい(面白い)ものを作っても、見た目が「なんじゃこりゃー!」
だと、食べる氣がしません(買ってもらえません)。


 逆に、見た目がすごく美味しそう! でも、食べて(買って)みたら
すごくまずい...。味への細かな気配りが全然ない。

 これでは、信頼を失います。


 だから、ゲーム開発では、見た目も、面白さも、細かな気配りも、
どれもがバランスよく入ってないといけない。

 バランスを取るには、ボリュームとスピードの計算が必要なんですね。

 

 自分が作るものが当たり前にクオリティが高くなるよう、普段から
数稽古をしましょう。基本スピードを上げましょう。

 私も、いろいろな作業ができるだけスピードが早くなるよう、
いまだに工夫をしています。


 すべてのスキルはそこからです。

 

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加


期間限定企画「中毒ゲームデザイン・トレーニング」
■中毒になるゲームの秘訣はあなたがド変態であること?
現在1927名の方が登録中。
期間限定でゲームデザインについての講座を特別プレゼント。

■音声1:粘りについて
ゲームにハマりを生み出す要素「粘り」を入れる方法とは?
あなたの作るゲームにも「粘り」を取り入れよう。

■音声2:インパクトについて
 ヒットゲームのトリガーとなっている「インパクト」の作り方とは?
「インパクト」を取り入れて、あなたのゲームにヒットの可能性を埋め込もう。

■ほかにもこんな内容を音声でお届けします
・練り上げられたゲームデザインをする秘訣
・間違いのない面白さのコアを盛り込む方法
・ゲームがヒットする原因を盛り込む方法
etc.

■サンプル音声、登録はこちらから。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ゲーム開発のプライオリティ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://n2-interactive.com/mt/mt-tb.cgi/83

コメントする

[[img(http://x8.mikosi.com/bin/ll?095447901)]] [http://x8.mikosi.com/bin/gg?095447901 アクセス解析]