トライアル&エラー・メソッド

 

1208793_66544665.jpg

RPGなど、1本道のシナリオで終わるゲームも含め、
1つのゲームを「何度も」遊んでもらうには、いったいどんな
しかけを施したらいいんでしょう?


 何度も遊んでもらうには...これは、宮本さんの有名な言葉がありますね。


 「どうして失敗したか? それがわかると再挑戦性が高まる」


 例えばスーパーマリオで、スピードを出しすぎていたために
カメにぶつかってしまった...そういう原因がわかると、じゃあ直前で
スピードを緩めよう、ということになる。


 スーパーマリオに出てくる敵というのは、比率的にマリオを狙って
攻撃してくるものが少ない。

 マリオと関係なく、各自勝手に動いているもののほうが多いんですね。


 そうなると、プレイヤーがミスして敵にぶつからない限り、
失敗はないことになる。するとミスの原因は非常に明確になります。

 

 ミスの直前のプレイヤーの行動が、ミスの原因だとはっきりするわけです。

 こういうところに、宮本さんのゲームデザインの思想が現われていますね。

 

 これが、カメがすごいAIで、ファイアボールを投げてもそれをひょいっと
避ける、などとなると、「どうしたらいいのよ??」と、攻略方法が
わからず、ゲームを投げることに繋がってしまう。


 だから、開発側としては、わざと「攻略できる余地」をプレイヤーに
与えないといけないんですね。

 敵の頭の悪さ(?)は、その余地となるわけです。


 プレイヤーが取れる選択肢を想像できないと、ゲームは
投げられてしまいます。


●まだ見ぬ世界

 もうひとつ、有名人による、何度も遊んでもらうには? の
考察例を挙げましょう。


 知る人ぞ知るオタキングの岡田斗司夫さんが、ガイナックスに
勤めていたころゲームを作ることになり、「ゲームとはなにか?」
ということを、とりあえず決めなければ! という状態になりました。


 さんざん考えた挙句、とりあえず決めたのは、

 

「ゲームは紙芝居である!」

 

ということにしたのです。


 つまり、新しい絵、新しい物語の進展を見るために、プレイヤーは
ゲームをやり続けるのだ...という観点ですね。


 そういう考えのもとに、「プリンセスメーカー」は作られ、
ヒットしました。


 岡田さんは、もちろん稚拙な定義だということはわかっている、
しかし、まずは決めて進めるしかなかったのだ、と言っていました。

 

 まずは決めてしまう、仮説を立てる、これ、大事です!

 

 そして、ゲーム=紙芝居、これはあながち間違いではなかったんです。

 逆に、これにフォーカスしたからこそ、成功した。

 

 先にある物語、新しいマップ、新しい敵、新しいボス、新しい展開...
それを「期待」して、ゲームをプレイすることは多いのです。


 今あるゲームのほとんどは、「新しいなにかを見ること」を期待して、
ゲームを進めていますよね?

 

 もちろん「とにかくデータを詰めて間を持たせろ」的な、量ばかりが
多くて内容のない大規模ゲームを作れ、ということではありません。
(そういうゲームは多いですが)

 データを詰めこまなくても、展開の新鮮さを作り出すことは可能です。
(これについては、サイトにて「セコンド・メソッド」で説明しています)


 方法はどうあれ、「まだ見ぬ世界」を用意して、それを「期待」させる、
これはもう大昔から使われている、エンタテインメントの手法です。


 まだ見ぬものという期待があるからこそ、人は惹きつけられる。


 「強烈な期待」があれば、映画「マトリックス」や「スターウォーズ」、
アニメの「ドラゴンボール」のように、人々は次の展開を想像し、噂し、
その「じらし」に嬉しい悲鳴をあげるんですね。


 ゲームも、RPGのシナリオやレベルアップ、RTSの「進化」による
予定された戦闘など、プレイヤーの期待を大きくするしかけがあります。


 「強烈な期待」をどう作るか?


 それは「セコンドメソッド」に譲るとして、そのような「期待」が
あればこそ、プレイヤーは多少辛いゲーム内容であっても、
先を見ようと「何度も」ゲームをプレイするんですね。


 

このエントリーをはてなブックマークに追加


期間限定企画「中毒ゲームデザイン・トレーニング」
■中毒になるゲームの秘訣はあなたがド変態であること?
現在1927名の方が登録中。
期間限定でゲームデザインについての講座を特別プレゼント。

■音声1:粘りについて
ゲームにハマりを生み出す要素「粘り」を入れる方法とは?
あなたの作るゲームにも「粘り」を取り入れよう。

■音声2:インパクトについて
 ヒットゲームのトリガーとなっている「インパクト」の作り方とは?
「インパクト」を取り入れて、あなたのゲームにヒットの可能性を埋め込もう。

■ほかにもこんな内容を音声でお届けします
・練り上げられたゲームデザインをする秘訣
・間違いのない面白さのコアを盛り込む方法
・ゲームがヒットする原因を盛り込む方法
etc.

■サンプル音声、登録はこちらから。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: トライアル&エラー・メソッド

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://n2-interactive.com/mt/mt-tb.cgi/87

コメントする

[[img(http://x8.mikosi.com/bin/ll?095447901)]] [http://x8.mikosi.com/bin/gg?095447901 アクセス解析]